研課題
J-GLOBAL ID:200904099246816617  研究課題コード:0250005301 更新日:2004年11月01日

動作に着目した住宅空間設計のガイドラインに関する研究 車いす使用者の操作能力を考慮した住宅整備指針の構築

Study on guideline for design of housing space from viewpoint of movement: Construction of house development guideline taking operating capability of wheelchair users into consideration
実施期間:2001 - 2003
研究概要:
従来の車いす使用者に配慮した空間整備指針は,車いす寸法や介助に必要な空間寸法に規定されているものが多い。障害種別に車いす使用者の特性を把握し,それに対応した整備指針を立てているものもある。しかしながら,同種の障害を持っていても,個人の運動能力や車いすの操作能力によって空間への対応が異なる。本研究は,障害種別ではなく,障害者個人の運動能力や車いすの操作能力を計測・評価することにより,空間整備のあり方を考察するものである。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E369000000)
研究制度: 受託研究
研究予算: 2003年度: 1,080(千円)

前のページに戻る