研課題
J-GLOBAL ID:200904099586612455  研究課題コード:0550027789 更新日:2005年02月14日

欧州ブロードバンド事情調査-西欧・北欧での先進事例調査-

Study of the Circumstances of Broadband Usage in Western and Northern Europe
実施期間:0 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
昨今、欧州においても、インターネットユーザーの増加とともに徐々にブロードバンド化が進みつつある。これに伴い、eラーニング、WebTV等のブロードバンドを活用したサービスやデジタルコンテンツビジネスが勃興するとともに、電子行政サービス、学校教育や医療福祉分野でのICT (Information and Communication Technology)活用が進展している。 日本では、「e-Japan戦略」あるいは「e-Japan重点計画2002」のもとで様々なブロードバンド活用策が展開されているが、現実的には、ブロードバンドユーザーの増加に反してサービスの提供基盤が未整備、ユーザーの伸び悩みによりビジネスとして確立が困難等、ブロードバンドを活用したビジネスや公共サービスの進展がみられない分野もある。 日本におけるブロードバンド関連ビジネス、ブロードバンドを生かした公共サービスの拡大・発展のためには、西欧・北欧諸国においてブロードバンドユーザーを主眼として具体的に確立されているビジネスや公共サービスの先進事例を調査し、その成功要因に学ぶことが有用である。そこで、「e-Japan戦略II」(2003年7月2日に決定)先導的取組み分野に対応した西欧や北欧の先進的なブロードバンドビジネスや公共的サービスの具体的な提供実態、日本でのビジネス(サービス)展開において生かされるべき点を把握するために実態調査を行い、日本と比較した優位点を抽出し、今後のe-Japan戦略推進に向けた基礎資料とした。
キーワード (2件):
ブロードバンド,e-Japan戦略II,ICT(Information and Communication Technology) ,  e-Japan StrategyII ICT
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (J311000000)
研究制度: -

前のページに戻る