研課題
J-GLOBAL ID:200904099745549301  研究課題コード:9800030814 更新日:2004年04月01日

エルニーニョ南方振動の機構解明とその影響に関する研究(地球科学技術特定調査研究) (2)ENSOの予測に関する研究 高精度大気・海洋結合モデルによるENSOの機構解明に関する研究

Study on mechanism elucidation and effects of the El Nino southern oscillation (ENSO) (Geoscientific Technologies Specific Research Program) Study on mechanism elucidation of ENSO due to high accuracy mechanism elucidation of ENSO due to air-sea combination model
実施期間:1994 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
1) 研究目標 エルニーニョ・南方振動現象(ENSO)は、海洋と大気が、熱・水蒸気・運動量等の交換等を通して影響を及ぼし合う現象であり、全球的な規模での気候変動を引き起こし、社会・経済に対して大きな影響を与える。本プロジェクトは、気候変動研究計画(CLIVAR)等と連携を取りつつ、ENSOの機構とその影響を明らかにし、さらに、ENSOの予測を可能とする気候モデルの高度化に関する研究を行う。 2) 研究計画 大気海洋結合モデル高解像度化を中心とした改良を行い,その長期積分によってモデルの高精度化を図る。モデルの計算結果を解析し,ENSOの機構,モンスーン及び中高緯度の大気海洋変動との関係を明らかにする
キーワード (8件):
エルニーニョ ,  南方振動 ,  大気モデル ,  海洋モデル ,  モンスーン ,  大気 ,  海洋 ,  変動
研究制度: 地球科学技術特定調査研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1997年度: 51,152(千円)

前のページに戻る