機関
J-GLOBAL ID:200905002071738758   機関コード:0292553000 更新日: 2012年11月05日

大阪大学 大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科

オオサカダイガク ダイガクインオオサカダイガク・カナザワダイガク・ハママツイカダイガク・チバダイガク・フクイダイガクレンゴウショウニハッタツガクケンキュウカ, Osaka University United Graduate School of Child Development, Osaka University, Kanazawa University,Hamamatsu University School of Medicine,Chiba University and University of Fukui
代表者: 研究科長 遠山正彌
設立年: 2009
住所: 大阪府吹田市山田丘2-2
電話番号: 06-6879-5111(代表)
機構・研究部門名 (5件):
  • 小児発達学専攻
  • こころの発達神経科学講座(大阪大学)
  • こころの相互認知科学講座(金沢大学)
  • こころの発達健康科学講座(浜松医科大学)
  • 健康発達医学寄附講座
附属施設名 (1件):
  • 附属子どものこころの分子統御機構研究センター
沿革 (2件):
  • 2009/04/01
    大阪大学・金沢大学・浜松医科大学連合小児発達学研究科設置
  • 2010/04/01
    附属子どものこころの分子統御機構研究センター設置(医学系研究科附属から移設)
設置目的:
少子化時代を迎えた現代社会の最大の課題は「子どものこころを健やかに育てる」ことです。しかしながら、こころの破綻が引き起こす様々な問題や発達障害を持つ子どもの増加、また、うつ病や摂食障害の低年齢化が進み、小学生が統合失調症を発症するなど子どものこころは深刻な危機にさらされています。
一方で、子どものこころを扱う専門家は不足しており、また、その多くは心理学、保健学/看護学、教育学などを修めた者であり、医学的知識が決定的に不足しているのが現状です。
このような状況の中、大阪大学、金沢大学、浜松医科大学は、臨床医学に加え、画像・疫学や生命科学を加えた医科学に、社会心理学・教育支援学を統合した学際的な新領域を創成し、従来は主として社会心理学の対象であった子どものこころの問題を医科学的見地から理解するため、異なる分野の専門家が共に学び研究する連合大学院「連合小児発達学研究科」を設置しました。既存の領域を超えた「子どものこころと脳発達学」の研究者の育成と、協働して進めていく密接なネットワークを形成し、真に学際的で現代社会の要求に応えうる指導者層や高度専門家の育成を目指しています。
研究分野 (1件): 複合新領域
上位組織 (1件):
下位組織 (1件):

前のページに戻る