機関
J-GLOBAL ID:200905004394846820   機関コード:0368049002 更新日: 2020年08月03日

九州大学 生体防御医学研究所 細胞機能制御学部門

キュウシュウダイガク セイタイボウギョイガクケンキュウショ サイボウキノウセイギョガクブモン, Kyushu University Medical Institute of Bioregulation Department of Molecular and Cellular Biology
代表者: 細胞機能制御学部門長 牧野直樹
設立年: 2001
住所: 〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
電話番号: 0977-27-1681
FAX番号: 0977-27-1682
機構・研究部門名 (1件):
  • 分子発現制御学分野,増殖分化制御学分野,分子腫瘍学分野,老化制御学分野
沿革 (2件):
  • 1982/01
    生体防御医学研究所は,1982年に11研究部門からなる九州大学附置研究所として発足した。以来,生体防御機構とその破綻の解明を研究所の中心テーマに据え、主として、がん,免疫病,遺伝病を研究対象として,その基礎から疾患の解明、治療法の開発にいたるまでの先鋭的研究を推進してきた。
  • 2001/04
    従来の11研究部門を3大研究部門に再編成し,その1研究部門として細胞機能制御学部門が設置された。
設置目的:
個体の構成因子である個々の細部がいかに増殖、分化、死という運命を
決定し、制御しているかという基本的メカニズムの解明を行う
事業概要:
細胞運命決定がどのような仕組みで統御されているかを、個々の制御分子の
細胞内での機能と動態を追求することによって明らかにすることを目指す。
さらに、その制御機構の異常がどのような病態を生み出すかという
分子病態メカニズムの解明を行うことにより、生体防御機構の細胞レベルで
の基盤を確立する。
上位組織 (2件):

前のページに戻る