機関
J-GLOBAL ID:200905010471833779   機関コード:E036000000 更新日: 2020年01月21日

地方独立行政法人青森県産業技術センター 八戸地域研究所

アオモリケンサンギョウギジュツセンター ハチノヘチイキケンキュウショ, Aomori Prefectural Industrial Technology Research Center, Hachinohe Industrial Institute
代表者: 所長 荒木英俊
設立年: 1962
住所: 〒039-2245 青森県八戸市北インター工業団地1-4-43
電話番号: 0178-21-2100(代)
FAX番号: 0178-21-2101
定員: 16
機構・研究部門名 (3件):
  • 技術普及部
  • 機械システム研究部
  • エレクトロニクス研究部
沿革 (14件):
  • 1962/01
    青森県金属材料試験所として八戸市小中野に仮事務所を設立
  • 1963/01
    八戸市沼館四丁目1番地に庁舎完成
  • 1963/04
    庶務,指導,物理試験,化学試験の4課により業務開始
  • 1973/04
    青森県機械金属試験所と改称、庶務,機械,金属,化学課と改称する。
  • 1978/06
    新庁舎の建設開始
もっと見る
設置目的:
当所は、昭和37年、本地域の産業構造に対応した機械加工、溶接、金属材料、金属加工、化学等工業技術に関する試験研究、指導相談、依頼試験等の業務を行うため、青森県金属材料試験所として設立された。
事業概要:
◎機械システム研究部
製造業の基盤的技術である、ものづくり技術の高度化、地域製造業の活性化や新分野展開に結びつくような、新技術や生産システムの開発に取組んでいる。
◎FPD研究部
県が推進している、高精彩、高画質の次世代型液晶表示技術の開発プロジェクトの一翼を担い、FPD研究部では液晶を高速駆動する駆動回路や疑似立体視表示用ソフトウエアの開発に取組んでいる。
◎技術普及部
技術相談や依頼試験など、地域産業界の技術的支援要請に応えるとともに、業界のニーズや課題を汲み上げ、それらを研究部の研究開発テーマに反映させたり、あるいは研究部の研究成果を地域産業界に普及する業務を担当している。
予算額:
  • 2007年度: 159 (百万円)
  • 2006年度: 183 (百万円)
  • 2002年度: 202 (百万円)
  • 2001年度: 225 (百万円)
  • 1999年度: 217 (百万円)

前のページに戻る