機関
J-GLOBAL ID:200905013123828310   機関コード:E151000000 更新日: 2020年01月21日

埼玉県環境科学国際センター

サイタマケンカンキョウカガクコクサイセンター, Center for Environmental Science in Saitama
代表者: 総長 須藤隆一
設立年: 2000
住所: 〒347-0115 埼玉県北埼玉郡騎西町大字上種足914
電話番号: 0480-73-8331
FAX番号: 0480-70-2031
定員: 56
機構・研究部門名 (7件):
  • 研究企画室
  • 大気環境担当
  • 水環境担当
  • 廃棄物管理担当
  • 化学物質担当
全件表示
附属施設名 (2件):
  • 展示室 ・生態園 ・交流コーナー ・環境情報プラザ
  • 環境情報室 ・県民実験室 ・研修室 ・試験研究棟
沿革 (2件):
  • 1970/10
    埼玉県公害センター設立(浦和市)
  • 2000/04
    上記センターを改組・拡充し、「埼玉県環境科学国際センター」を設立、現在地へ移転
設置目的:
私たちに便利で快適な生活をもたらした、大量生産、大量消費、大量
廃棄型の社会経済システムは、一方で環境への負荷を増大させ、様々な
環境問題を引き起こしています。
埼玉県環境科学国際センターは、環境問題に取り組む県民の方々を支
援する機関として、また、県が直面している環境問題へ対応するための
試験研究や環境面での国際的な連携を図るなど、多面的な機能を有した
環境科学の総合的中核機関となるものです。
事業概要:
(1)環境学習
今日の環境問題へ対応するために、当センターでは環境学習機能とし
て、一人ひとりが、日常生活の中で行うべき行動を具体的に考え、環
境保全に向けた実践へと結びつけていくための学習機会を提供をして
います。
その中心となるのが展示館です。ここでは、子どもから大人までが、
楽しみながら環境問題を学べるように、工夫をこらした体感型の展示
が多数用意されています。
(2)試験研究
公害センターを中心に培ってきた試験研究機能を充実強化し、複雑、
多様化する環境問題を環境科学の視点から調査、解明していきます。
具体的には、従来の大気・水・廃棄物などの研究に加えて、自然環境
分野や地質地盤分野も取り込んだ幅広い研究を行うとともに、人間の
生活、社会経済活動といった視点からアプローチする研究にも取り組
んでいきます。
(3)国際貢献
今日の地球環境問題の解決のためには、地方自治体も国際社会の一員
として、その技術と経験を開発途上国と共有することなどが必要です。
このため、当センターでは技術移転のための海外からの研修員の受け
入れや、環境面における国際協力のための人材育成を行うほか、国連
世界気象機関(WMO)が実施するCO2濃度の測定網に参加するなどの国
際環境技術協力を行います。
(4)環境情報の収集・発信
県民の環境意識の向上や環境保全活動を支援するため、様々な環境情
報を収集・発信いたします。具体的には、当センターの環境測定デー
タや調査研究の結果、あるいは環境関連の法令やイベントなどの情報
をインターネット等を通じて収集、発信します。
予算額:
  • 2004年度: 323 (百万円)
  • 2003年度: 340 (百万円)

前のページに戻る