機関
J-GLOBAL ID:200905014224626120   機関コード:E202000000 更新日: 2020年01月21日

新潟県保健環境科学研究所

ニイガタケンホケンカンキョウカガクケンキュウショ, Niigata Prefectural Institute of Public Health And Environmental Sciences
代表者: 所長 中野 雅夫
設立年: 1947
住所: 〒950-2144 新潟県新潟市西区曽和314-1
電話番号: 025-263-9411(総務課)
FAX番号: 025-263-9410
定員: 51
機構・研究部門名 (7件):
  • 調査研究室
  • 情報調査科
  • 細菌科
  • ウイルス科
  • 生活衛生科
全件表示
附属施設名 (5件):
  • 設備棟
  • 動物棟
  • 廃棄物実験棟
  • 特殊化学物質測定棟
  • 各種分析装置 等
沿革 (10件):
  • 1947/09
    新潟県衛生試験所 発足(新潟市川端町)
  • 1953/05
    名称変更、新潟県衛生研究所となる 科制を敷く
  • 1966/06
    統合庁舎に移転(新潟市一番堀通)
  • 1971/04
    新潟県公害研究所 発足(統合庁舎内、新潟市一番堀通)
  • 1974/03
    新潟県衛生研究所 庁舎新築移転(新潟市曽和)
もっと見る
設置目的:
環境及び保健衛生行政上必要な調査研究を行うため
事業概要:
近年、社会経済の進展に伴い、私たちを取り巻く状況は著しく変化し、
県民の健康や生活環境について新たな課題が生じてきました。こうした社
会のニーズに的確に応えるため、研究所は、保健・環境行政の科学技術面
での中核機関として、技術水準の維持向上を図りながら、調査研究、試験
検査、情報の解析・提供、研修指導などを行っています。
・調査研究
新たな課題に対し、検査方法や分析法を研究・開発し、実態把握、原
因究明、影響解析などを行っています。
・試験検査
病原微生物の同定や型別、食品・医薬品などの規格検査、温泉水の成
分分析などを行っています。
・環境モニタリング
有害物質による大気汚染や水質汚濁の監視を行っています。
・情報の解析・提供
感染症情報や環境情報などの収集と解析を行い、関係機関に提供して
います。
・研修指導
保健所や市町村職員などに対する研修指導の他、国際協力の一環とし
て発展途上国の技術者に対する研修指導も行っています。
予算額:
  • 2008年度: 150 (百万円)
  • 2007年度: 150 (百万円)
  • 2006年度: 147 (百万円)
  • 2005年度: 157 (百万円)
  • 2004年度: 175 (百万円)
  • 2003年度: 186 (百万円)
  • 2002年度: 180 (百万円)
  • 2001年度: 239 (百万円)
  • 2000年度: 246 (百万円)
  • 1999年度: 257 (百万円)
  • 1998年度: 268 (百万円)

前のページに戻る