機関
J-GLOBAL ID:200905017400971199   機関コード:2223002000 更新日: 2020年01月21日

中央大学 商学部

チュウオウダイガク ショウガクブ, Chuo University Faculty of Commerce
設立年: 1949
住所: 〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
電話番号: 商学部事務室:042-674-3511
機構・研究部門名 (1件):
  • 経営学科、会計学科、商業・貿易学科、金融学科
沿革 (12件):
  • 1885/07
    英吉利法律学校設置認可
  • 1889/10
    校名を東京法学院に改称
  • 1903/08
    社団法人東京法学院大学設立、校名を東京法学院大学と改称
  • 1905/08
    校名を中央大学に改称認可
  • 1909/08
    本科、専門科に商業学科設置
もっと見る
設置目的:
商学に関する専門的教育・研究
事業概要:
【商学部】
企業活動について、経営・情報、会計、流通、ファイナンスの4つの視点から専門的に学ぶ学科構成により、実学を重視する伝統を持っています。また、公認会計士試験では全国トップクラスの合格実績を挙げています。
職業会計人資格、ビジネス英語、経営戦略、金融専門資格に関する4つの特設科目群を設け、少人数制で実務対応型の新しい大学教育を推進しています。また、英語をはじめとした外国語科目のコース制、充実したソフトとネットワーク環境による情報教育の拡充など、ビジネスの変化に対応した教育体制を編成しています。
さらに、一部科目に週2時限制(完全セメスター制)を採用して教育効果を高めるほか、インターンシップ科目、第一線で活躍する企業家等による「特殊講義」、「総合講座」の開講など、教育ニーズの変化にも対応しています。2009年度には商学部創設100周年を迎え、「続く伝統、続く進化。」をキャッチフレーズに教育内容の充実をめざしています。
【経営学科】
企業活動について、経営戦略、人材開発、情報システムの面から専門的な知識を学ぶ。企業(会社)でのヒトの営み(例えば、人間が働く企業組織や人間が判断する経営戦略)の面から、現実の企業活動を考える学科です。この分野の科目群は、「ビジネス・アドミニストレーション」コースに置かれています。また、コンピュータ技術の向上によって、いままでは企業活動にとって欠かせない分野となった情報システムの活用についても中心的な分野として位置づけ、「マネジメント・インフォメーション」コースの科目を開講しています。
【会計学科】
うそ偽りのない財務指標を通して、企業の真の姿をつかみ、管理する力をつける。企業(会社)でのカネの流れ(例えば、前年度の営業利益や次年度の設備投資計画)の面から、現実の企業活動を考える学科です。
企業の外部にいる株主、取引先、消費者などに実際の会計情報を正確に伝えることを扱う「ファイナンシャル・アカウンティング」コースと、企業の内部にいる経営者、管理者などに意思決定や業績評価のためのデータを正確に伝えることを扱う「マネジメント・アカウンティング」コースの2つの科目群があります。
【商業・貿易学科】
激変するグローバルなビジネスの現場で的確な判断を下し、行動できる力を伸ばす。企業(会社)でのモノの動き(例えば、販売戦略や海外取引)の面から、現実の企業活動を考える学科です。「マーケティング」コースでは、商品やサービスの取引・販売について必要な、商品開発、販売促進、消費者行動、物流などに関する科目を開講しています。「グローバル・ビジネス」コースでは、海外との取引について必要な、貿易実務、海外地域の経済事情などに関する科目を置くほか、ビジネス英語に関する科目も充実しています。
【金融学科】
国内で数少ないファイナンスを専門に学ぶ学科で、資産運用の知識と能力を磨く。企業(会社)を金融の視点(例えば、証券市場で資産を増やす資金運用や、損害保険などのさまざまな金融制度)から考える学科です。
1~2年次で金融に関する基本的な知識を学んだうえで、3~4年次では、企業でニーズが高まっている、証券制度を活用した資産運用技術を学ぶ科目群である「コーポレート・ファイナンス&インベストメント」と、国内外の金融制度、損害保険と生命保険のしくみを学ぶ科目群である「マネー&バンキング」を学びます。
上位組織 (2件):
下位組織 (4件):

前のページに戻る