機関
J-GLOBAL ID:200905019174466748   機関コード:E083000000 更新日: 2020年01月21日

山形県工業技術センター

ヤマガタケンコウギョウギジュツセンター, Yamagata Research Institute of Technology
代表者: 所長 秋場淳一郎
設立年: 1918
住所: 〒990-2473 山形県山形市松栄二丁目二番一号
電話番号: 023-644-3222
FAX番号: 023-644-3228
定員: 68
機構・研究部門名 (7件):
  • 総務課
  • 企画調整部
  • 企画調整部連携支援室
  • 精密機械金属技術部
  • 電子情報システム部
全件表示
沿革 (9件):
  • 1918/04
    山形県立山形工業試験場設立。
  • 1919/10
    庁舎落成(山形市六日町)。木工、金工、漆工、図案の4部を置く。
  • 1961/07
    庁舎移転(山形市銅町)。
  • 1980/04
    山形県工業技術センターと改称。 米沢繊維工業試験場を山形県工業技術センター置賜試験場、庄内工業試験場を同庄内試験場と改称。
  • 1980/07
    庁舎移転(山形市松栄、現庁舎)。
もっと見る
設置目的:
山形県工業技術センターは、県内の工業全般に関する技術水準の向上を図ることを目的として、山形県が設置した技術支援機関です。
みなさまからの多岐にわたるご要望にお応えするため、機械/電気・電子・光/情報・通信/微小電気機械システム(MEMS)/金属/化学/木材/窯業/食品・醸造/繊維/デザインなどの各分野で、技術相談・情報提供、受託試験、研究開発、技術者養成および連携支援を行っています。
事業概要:
□技術相談・情報提供
新製品開発、不良原因究明、製造技術の改良等、様々な課題について解決のお手伝いをいたします。相談にかかわる費用は無料です。生産現場に出向いての対応も実施しています。
また、研究・成果発表会や技術ニュース、ホームページなどを通してセンターの成果をお知らせしています。
□受託試験・設備使用
材料や製品の試験、分析、測定を行い、必要に応じて成績書を発行します。また、設備、装置の一部をご利用いただけます。
□技術者養成
技術課題の解決を支援するため、マンツーマンによる【ORT研修】、より高度な専門知識の修得を目的とする【製造技術者研修】を実施しています。
□研究開発
県内産業基盤の強化を目指した戦略的なプロジェクト研究および地域に根ざした研究開発に取り組んでいます。
また、「共同研究」、「受託研究」を実施しています。
□連携支援
センター内の技術分野の連携、産業支援機関・大学等外部機関との連携を推進し、付加価値増大に向けた支援を行います。その一つである”ものづくり創造ラボ”では、「うみだす」「つくる」「のばす」「つながる」をキーワードに、新たな価値・新たな製品の創出と、成長分野への参入を目標に、各分野の研究員が連携しトータルに支援します。
研究分野 (2件): ライフサイエンス ,  ナノテク・材料
予算額:
  • 2012年度: 186 (百万円)
  • 2011年度: 185 (百万円)
  • 2010年度: 220 (百万円)
  • 2009年度: 210 (百万円)
  • 2008年度: 214 (百万円)
  • 2007年度: 182 (百万円)
  • 2006年度: 189 (百万円)
  • 2005年度: 167 (百万円)
下位組織 (2件):
  • 庄内試験場
  • 置賜試験場

前のページに戻る