機関
J-GLOBAL ID:200905020166926835   機関コード:A156001016 更新日: 2016年12月21日

自然科学研究機構 国立天文台 チリ観測所

シゼンカガクケンキュウキコウ コクリツテンモンダイ チリカンソクジョ, National Institutes of Natural Sciences National Astronomical Observatory of Japan NAOJ Chile Observatory
代表者: 立松 健一(室長)
設立年: 2004
住所: 〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
電話番号: 0422-34-3843
FAX番号: 0422-34-3764
附属施設名 (1件):
  • ALMA推進室チリ事務所
沿革 (2件):
  • 2004
    大学共同利用機関法人自然科学研究機構国立天文台ALMA推進室が開設
  • 2007
    ALMA推進室のもとにALMA推進室チリ事務所が開設
設置目的:
アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA)の建設と運用
事業概要:
北アメリカ、ヨーロッパ、チリの諸国と協力して、チリ・アンデス山中の
標高5000mの高原にALMAを建設し、運用する。電波の中で最も
波長が短く、最高の周波数帯である「ミリ波・サブミリ波」を使って、
ビッグバン後間もない宇宙初期における銀河の誕生、今も続く
さまざまな惑星系の誕生、そして生命につながる物質の進化
を解き明かすことを目的とする。
上位組織 (2件):

前のページに戻る