機関
J-GLOBAL ID:200905021478643080   機関コード:2384000000 更新日: 2020年01月21日

新潟リハビリテーション大学

ニイガタリハビリテーションダイガク, Niigata University of Rehabilitation
代表者: 学長 山村千絵
設立年: 2007
住所: 〒958-0053 新潟県村上市上の山2-16
電話番号: 0254-56-8292
FAX番号: 0254-56-8291
機構・研究部門名 (8件):
  • 大学院 リハビリテーション研究科リハビリテーション医療学専攻 摂食・嚥下障害コース
  • 大学院 リハビリテーション研究科リハビリテーション医療学専攻 高次脳機能障害コース(サテライトあり)
  • 大学院 リハビリテーション研究科リハビリテーション医療学専攻 運動機能科学コース
  • 大学院 リハビリテーション研究科リハビリテーション医療学専攻 心の健康科学コース
  • 医療学部リハビリテーション学科 理学療法学専攻
全件表示
沿革 (4件):
  • 2005/04
    新潟リハビリテーション大学院大学 設置準備室開設
  • 2007/04
    新潟リハビリテーション大学院大学設置
  • 2008/04
    医療学部 設置準備室開設
  • 2010/04
    医療学部設置 名称を新潟リハビリテーション大学に変更
設置目的:
新潟リハビリテーション大学
医療学部
リハビリテーション学科 理学療法学専攻・作業療法学専攻・言語聴覚学専攻・リハビリテーション心理学専攻
<教育理念・目的>
本学は、教育基本法及び学校教育法に基づき、「人の心の杖であれ」の精神を礎とした崇高な倫理観を備え、優れた医療人としての厳格さと慈愛を併せ持つ全人教育を目指し、わが国の医療分野に貢献することを目的とする。
(1)崇高な倫理観と医療従事者としての使命感を常に有する人材の育成
(2)地域社会に貢献できる人材の育成
(3)文化教養に精通し、国際社会に貢献できる人材の育成

大学院(修士課程)
リハビリテーション研究科
リハビリテーション医療学専攻
摂食・嚥下障害コース・高次脳機能障害コース(サテライトあり)・運動機能科学コース・心の健康科学コース
<理念>
・当該分野における最先端の知識と技術を有した人材を輩出し、教育研究成果を通して幅広い領域で社会に貢献する。
・医療・福祉の現場で日夜その職に徹している医療補助職の資質および地位の向上に貢献する。
<目標>
・リハビリテーションを機軸とするさまざまな角度から、中・高年齢者の医療を基盤とした福祉医療に関する教育研究活動を展開し、その成果を社会に公開し還元する。
・深い洞察力と科学的データから弱者(患者)の疾患を客観的に把握し、それに対する治療技術を十分に駆使することができ、さらに弱者(患者)の心の痛みを理解しつつ、抱えている問題を軽減できる知識と技術を培い、臨床現場や福祉施設でリーダーとなって活躍できる医療従事者、また大学や専門学校あるいは関係企業等でその力を発揮できる教育・研究者としての人材を養成する。

前のページに戻る