機関
J-GLOBAL ID:200905022134322906   機関コード:2312001000 更新日: 2020年01月21日

武蔵野美術大学 造形学部

ムサシノビジュツダイガク ゾウケイガクブ, Musashino Art University College of Art and Design
設立年: 1962
住所: 鷹ノ台校 〒187-8505 東京都小平市小川町 1-736 吉祥寺校 〒180-8566 東京都武蔵野市吉祥寺 東町3-3-7
電話番号: 鷹ノ台校 042-342-6021 吉祥寺校 042-222-8175
FAX番号: 鷹ノ台校 042-342-6453 吉祥寺校 042-222-8213
機構・研究部門名 (3件):
  • 日本画学科、油絵学科、彫刻学科、視覚伝達デザイン学科、
  • 工芸工業デザイン学科、空間演出デザイン学科、建築学科、
  • 基礎デザイン学科、映像学科、芸術文化学科、デザイン情報学科
沿革 (17件):
  • 1929/01
    帝国美術学校創設
  • 1947/01
    造形美術学園と校名変更
  • 1948/01
    武蔵野美術学校と校名変更
  • 1962/01
    武蔵野美術大学と改称、造形学部開設
  • 1962/01
    美術学科・日本画専攻、油絵専攻、彫刻専攻
もっと見る
設置目的:
武蔵野美術大学の造形学部は1962年、わが国ではじめて「造形」
という名称を冠した学部として開設されました。その背景に
あったのは、美術とデザインという領域を総合的にとらえ、
造形という概念のもとに、全学一体となった教育・研究を
展開しようとする理念にほかなりません。開設時は美術学科と
産業デザイン学科の2学科で編成されていましたが、'99年度からは、
芸術文化学科、デザイン情報学科を新設した1学部11学科で構成され、
より広い視点に立った造形の教育・研究全般に関する総合学部としての
着実な歩を刻んでいます。
造形学部の教育は、私たちを取りまく自然と社会の法則性を把握し、
自己との関係を見すえることに始まります。次に、あらゆる専門領域に
通底する造形の意味に迫り、その限りない可能性を自分自身の中に培養
していくこと、そして、専門家として欠かすことのできない資質に
裏づけられた、真の表現者としての自己の確立。このような基本的な
流れを踏まえ、造形学部の教育課程は、文化全般に関する基礎教養科目、
専門領域を横断して造形の本質に迫る共通専門教育科目、そして各学科
独自の高度な専門教育科目の3つの柱によって構成されています。
社会環境が急激に変化し、人間の歴史が絶えず問い直されようとしている今、
求められいるのは、そうした変容を鋭い感性と批判精神で受けとめ、新たな
創造へ展開する「開かれた個人」ともいうべき存在です。人間性に立脚し、
社会と深く結びつくことによってこそ発揮される創造力の育成をめざして
きた造形学部は、伝統を次代へ立ち向かうエネルギーとしつつ、絶えず変革の
道を模索し、「教育」そのものを創造行為としてとらえた活動を展開しています。
上位組織 (1件):
下位組織 (15件):

前のページに戻る