機関
J-GLOBAL ID:200905026855382131   機関コード:E438000000 更新日: 2009年12月04日

山口県産業技術センター

ヤマグチケンサンギョウギジュツセンター, Yamaguchi Prefectural Industrial Technology Institute
代表者: 理事長 山田隆裕
設立年: 1999
住所: 本 部: 〒755-0195 山口県宇部市あすとぴあ4-1-1
電話番号: 本 部:0836-53-5050(代)
FAX番号: 本 部:0836-53-5070
定員: 61
機構・研究部門名 (11件):
  • 総務・人事グループ
  • 経営企画グループ
  • 産学公連携室
  • 技術相談室
  • 加工技術グループ
全件表示
附属施設名 (1件):
  • 新事業創造支援センター
沿革 (25件):
  • 1902/04/01
    山口県染織講習所が柳井村(現柳井市)に設置される。
  • 1918/05/01
    山口県工業試験場が山口市に設置される。
  • 1919/12/15
    同庁舎竣工。
  • 1927/04/01
    染織講習所を染織試験場と改称。
  • 1942/04/01
    染織試験場を染織指導所と改称。工業試験場を工芸指導所と改称し、軍需品生産指導を重点的に実施。
もっと見る
設置目的:
(地独)山口県産業技術センターは、産業に関する試験研究・技術支援等を行い、
県内中小企業の技術力の向上を支援する目的で設立されました。
事業概要:
(地独)山口県産業技術センターは、中小企業のみなさんの技術力の向上を支援
するため、産業に関する試験研究・技術支援等を行う機関です。

・試験研究
県内企業の技術力向上に役立つよう、技術の改善、新製品の開発等の実用化研究を主体とした研究開発を行っています。また、国等の提案公募型研究開発も活用し、産学公連携の研究開発にも取り組んでいます。

・技術相談
企業の皆様の技術力向上、新製品の開発、生産性向上のため、材料、加工、電子、計測・分析、食品、デザイン等、幅広く産業技術に関する相談をお受けします。

・開放機器/開放施設
産業技術センターに設置されている約200種類の試験研究機器を開放しています。ご使用になる際には、担当職員が使用方法、操作方法を説明します。
また、200名を収容できる多目的ホールや研修室・会議室を貸し出しています。隣接地に新事業の創出を支援する貸研究室(新事業創造支援センター)も併設しています。

・依頼試験
製品、原材料等の各種試験・分析・測定等を行い、その結果の試験報告書又は成績書を発行しています。また複雑な試験もオーダーメイド試験として実施します。場合によっては、出張試験も可能です。

・受託研究/共同研究
共同研究は産業技術センターが実施している研究開発に関連する共通の課題を設定し、企業や大学と協力して研究を行います。受託研究は企業の技術的な課題解決や新製品開発などを支援するため、産業技術センターが委託を受けて研究を行います。

・技術者養成研修
新技術や研究開発能力、特定技術(分析、計測機器操作技術)などを習得して頂くため、企業技術者を一定期間受け入れ、産業技術センターの職員が実務研修を行います。
また、職員が企業に赴いて研修することも可能です。

・情報提供
研究成果等について、研究発表会・研究会・研究報告・ホームページ等で広く公開します。
また、産業技術に関する文献、日本工業規格(JIS)、各種資料等を収集、整理して閲覧に供しています。科学技術文献の検索サービス(J DreamII)の提供(有料)も行っています。
研究分野 (4件): 化学 ,  工学 ,  生物学 ,  農学
予算額:
  • 2008年度: 283 (百万円)
  • 2005年度: 304 (百万円)
  • 2004年度: 305 (百万円)
  • 2003年度: 310 (百万円)
  • 2002年度: 814 (百万円)
  • 2001年度: 1,032 (百万円)
  • 2000年度: 998 (百万円)

前のページに戻る