機関
J-GLOBAL ID:200905029929136250   機関コード:2553001001 更新日: 2020年01月21日

龍谷大学 経営学部 経営学科

リュウコクダイガク ケイエイガクブ ケイエイガッカ, Ryukoku University Faculty of Business Administration Department of Business Administration
代表者: 経営学部長 夏目 啓二
設立年: 1966
住所: 〒612-8577 京都府京都市伏見区深草塚本町67
電話番号: 075-642-1111
沿革 (3件):
  • 1966/01
    経済学部経営学科から経営学部経営学科として独立
  • 1997/01
    夜間主コースを開設
  • 2001/01
    夜間主コースの募集停止
設置目的:
龍谷大学経営学部は、本学建学の使命である仏教の精神を中心として
人格を陶冶し、豊かな教養の高い識見等を体得した人材を世界に送り
文化の発展に頁献することを目的としています。
事業概要:
現代の企業経営は、ますます複雑に、高度に進展しています。経営学部、
経営学の先端的なテーマを系統的に学ぶことができるように、以下の
最低到達目標を教育目標としてカリキュラムの展開をしています。
1.建学の精神を理解し、社会人として通用する素養と倫理観を持つ
2.自分の考えを文章で表現し、それを発表し討議する能力を身につける
3.基本的な財務諸表類をよみ、会社の概要を説明できる
4.広く国際感覚を持った社会人としての素養と語学力を身につける
5.学修した専門領域での知識を切り口に現代企業の特徴を説明できる
また、経営学部では、学生一人一人の学ぶ意欲や進路の多様性に対応し、
次のようなコース制を整備しています。
コースは大きく分けて学部内コースと学部共通コースがあり、
学部内コースとして、(1)経営専攻コース、(2)経営総合コースの
2コースを設けています。経営専攻コースでは、経営学の特定の分野
(会計学・マーケティングなど)にはっきり学修目標を絞った学生が、
その分野の学修をさらに深く学び、専門性・系統性を重視したさらなる
発展をめざします。経営総合コースでは、将来の進路にそって目標を
定めようとしている学生に、進路ごとに履修モデルを提示し、系統性の
ある学修めざします。
また、これまでの学部の枠組みを越えて、学際的な学修を進めるコース
として次の4コースを設置しています。これらの4コースは、経営学部、
経済学部、法学部の学生が選択することができ、(1)国際関係コース、
(2)英語コミュニケーションコース、(3)スポーツサイエンスコース、
(4)環境サイエンスコースがあります。以上の6コースは、2年生の後期
より選択履修することになり、「演習」を軸として展開されます。
そして、さらに大きな特色として、経営学部では、すべての学年に
少人数のゼミ形式授業を設定しています。
「フレッシャーズ・ゼミ」「基礎演習」「演習」を段階的に設定し、
4年間一貫したゼミ教育を実践しており、高度な専門知識を育むことが
可能です。
上位組織 (2件):

前のページに戻る