機関
J-GLOBAL ID:200905040322327000   機関コード:A158001000 更新日: 2006年05月17日

情報・システム研究機構 国立極地研究所

ジョウホウ・システムケンキュウキコウ コクリツキョクチケンキュウショ, Research Organization of Information and Systems National Institute of Polar Research
代表者: 所長 藤井理行
設立年: 1973
住所: 〒173-8515 東京都板橋区加賀1-9-10
電話番号: 03-3962-4712(代表)
FAX番号: 03-3962-2529
定員: 138
機構・研究部門名 (13件):
  • 研究教育系
  • 宙空圏研究グループ
  • 気水圏研究グループ
  • 地圏研究グループ
  • 生物圏研究グループ
全件表示
附属施設名 (5件):
  • 昭和基地
  • みずほ基地
  • あすか観測拠点
  • ドームふじ観測拠点
  • ニーオルスン基地
沿革 (22件):
  • 1961/05
    日本学術会議は、南極地域観測の実施によって得られた資料の整理、保管、研究等を行うため「極地研究所」(仮称)を文部省既設の機関の附属機関として設置することを政府に勧告した。
  • 1962/04
    国立科学博物館に「極地学課」が設置された。
  • 1965/04
    「極地学課」が拡充改組され「極地部」となり、極地第一課と極地第二課が置かれた。
  • 1966/04
    国立科学博物館の機構改革に伴い「極地部」が改組され「極地研究部」となり、極地第一研究室と極地第二研究室が置かれた。
  • 1970/04
    「極地研究部」が発展的に改組され南極地域観測の中核機関として「極地研究センター」が設置され、極地事業部、極地研究・資料部、及び事務室が置かれた。
もっと見る
設置目的:
昭和48(1973)年9月29日国立学校設置法の一部を改正する法律(昭和48年
法律第103号)により大学共同利用機関として設置され、極地に関する科
学の総合研究及ぴ極地観測を行うことを目的とする。
事業概要:
≪共同利用≫
大学及び研究機関の研究者その他の者で、この研究所の目的とする研
究と同一の研究に従事する者の利用に供し、及び共同研究を行う。
≪大学院教育≫
総合研究大学院大学の基盤機関として、博士後期課程の教育研究指導
を行う。併せて大学の要請に応じ、当該大学の大学院における教育に
協力する。
≪南極観測事業≫
南極地域観測の中核機関として、観測計画の立案及び観測隊の編成準
備等の協力業務を担当し、観測資料の収集、整理、解析及び保管を行
う。


予算額:
  • 2002年度: 3,646 (百万円)
  • 2001年度: 3,592 (百万円)
  • 2000年度: 3,839 (百万円)
上位組織 (1件):

前のページに戻る