機関
J-GLOBAL ID:200905041455039526   機関コード:A089000000 更新日: 2016年04月21日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

ウチュウコウクウケンキュウカイハツキコウ, Japan Aerospace Exploration Agency
代表者: 理事長 立川 敬二
設立年: 2003
住所: 本社:〒182-8522 東京都調布市深大寺東町7-44-1
電話番号: 東京事務所:03-3438-6000(代表)
FAX番号: 東京事務所:03-5402-6512(総務部)
定員: 1772
機構・研究部門名 (4件):
  • 宇宙基幹システム本部
  • 総合技術研究本部
  • 宇宙利用推進本部
  • 宇宙科学研究本部
附属施設名 (8件):
  • 東京事務所 ・筑波宇宙センター ・航空宇宙技術研究センター
  • 相模原キャンパス ・種子島宇宙センター ・内之浦宇宙空間観測所
  • 勝浦宇宙通信所 ・臼田宇宙空間観測所 ・増田宇宙通信所
  • 沖縄宇宙通信所 ・地球観測利用推進センター
  • 地球観測センター ・角田宇宙推進技術センター ・能代多目的実験場
全件表示
沿革 (1件):
  • 2003/10
    旧宇宙科学研究所(ISAS)、旧航空宇宙技術研究所(NAL)及び旧宇宙開発事業団(NASDA)が統合し、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)設立
設置目的:
大学との共同等による宇宙科学に関する学術研究、宇宙科学技術に関する基礎研究
及び宇宙に関する基盤的研究開発並びに人工衛星等の開発、打上げ、追跡及び運用
並びにこれらに関連する業務を、平和の目的に限り、総合的かつ計画的に行うとと
もに、航空科学技術に関する基礎研究及び航空に関する基盤的研究開発並びにこれ
らに関連する業務を総合的に行うことにより、大学等における学術研究の発展、宇
宙科学技術及び航空科学技術の水準の向上並びに宇宙の開発及び利用の促進を図る
事業概要:
宇宙航空研究開発機構は、目的を達成するため、次の業務を行う。
一 大学との共同その他の方法による宇宙科学に関する学術研究を行うこと。
二 宇宙科学技術及び航空科学技術に関する基礎研究並びに宇宙及び航空に関する
基盤的研究開発を行うこと。
三 人工衛星等の開発並びにこれに必要な施設及び設備の開発を行うこと。
四 人工衛星等の打上げ、追跡及び運用並びにこれらに必要な方法、施設及び
設備の開発を行うこと。
五 前各号に掲げる業務に係る成果を普及し、及びその活用を促進すること。
六 機構の施設及び設備を学術研究、科学技術に関する研究開発並びに宇宙の開発
及び利用を行う者の利用に供すること。
七 宇宙科学並びに宇宙科学技術及び航空科学技術に関する研究者及び技術者を
養成し、及びその資質の向上を図ること。
八 大学の要請に応じ、大学院における教育その他その大学における教育に協力
すること。
九 前各号の業務に附帯する業務を行うこと。
予算額:
  • 2003年度: 99,277 (百万円)
下位組織 (12件):

前のページに戻る