機関
J-GLOBAL ID:200905050192029490   機関コード:0368049003 更新日: 2020年08月03日

九州大学 生体防御医学研究所 個体機能制御学部門

キュウシュウダイガク セイタイボウギョイガクケンキュウショ コタイキノウセイギョガクブモン, Kyushu University Medical Institute of Bioregulation Department of Immunobiology and Neuroscience
代表者: 個体機能制御学部門長 吉村昭彦
設立年: 2001
住所: 〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
電話番号: 092-642-6821
FAX番号: 092-642-6825
機構・研究部門名 (1件):
  • 免疫遺伝学分野,免疫制御学分野,免疫病態学分野,脳機能制御学分野
沿革 (2件):
  • 1982/01
    生体防御医学研究所は,1982年に11研究部門からなる九州大学附置研究所として発足した。以来,生体防御機構とその破綻の解明を研究所の中心テーマに据え、主として、がん,免疫病,遺伝病を研究対象として,その基礎から疾患の解明、治療法の開発にいたるまでの先鋭的研究を推進してきた。
  • 2001/04
    従来の11研究部門を3大研究部門に再編成し,その1研究部門として個体機能制御学部門が設置された。
設置目的:
個体を構成している複雑な細胞ネットワークと,外界への刺激に巧に
応答する高次システムに関してその制御機構の解明を目指す。
事業概要:
生物個体レベルでの高次生体機能の成り立ちを研究し,その包括的な理解を
目指す。特に,外来異物に対する生体防御系として進化している
「免疫システム」と外界からの膨大な情報に応答して個体の高次機能を
制御する「脳応答システム」の解明を行う。
上位組織 (2件):

前のページに戻る