機関
J-GLOBAL ID:200905061388356750   機関コード:0244020000 更新日: 2020年02月05日

山梨大学 総合分析実験センター

ヤマナシダイガク ソウゴウブンセキジッケンセンター, University of Yamanashi The Center for Life Science Research
代表者: 総合分析実験センター長 佐藤 悠
設立年: 2002
住所: 〒409-3898 山梨県中巨摩郡玉穂町下河東1110
電話番号: 医学部本部:055-273-1111 資源開発分野内:055-273-9465
FAX番号: 医学部本部:055-273-7108 資源開発分野内:055-273-8569
機構・研究部門名 (3件):
  • 機能解析分野
  • 資源開発分野
  • 生命情報分野
沿革 (15件):
  • 1980/04
    「動物実験施設委員会」発足
  • 1982/03
    動物実験施設 第I期施設竣工(890m2)
  • 1986/03
    動物実験施設 第II期施設竣工(900m2)
  • 1989/01
    「山梨医科大学動物実験指針」施行 「動物実験施設委員会」を「山梨医科大学動物実験委員会」及び「医学部附属動物実験施設運営委員会」に改組
  • 1989/03
    動物実験施設 第III期施設竣工(1200m2)
もっと見る
設置目的:
「山梨大学総合分析実験センター」を設置することにより,山梨大学の学内共同
教育研究施設として広く医学・生命科学分野全体にわたる教育研究活動の中央支
援体制を確立する。センターに機能解析分野,資源開発分野,生命情報分野の3
分野を置き、それぞれの分野が個別で行ってきた教育研究支援業務を相互に連携
させて効率的な運用を図り,さらに新しく組換えDNA実験を含めた遺伝子の構造
と機能に関する教育研究の基盤を整備し,研究支援を高度化する。
事業概要:
機能解析分野においては,共同利用に係る様々な実験機器の着実な維持管理
及び積極的な研究支援業務(DNA合成,組織標本作製等)を行う。
資源開発分野においては,衛生的な実験動物の飼育管理,動物実験施設内におけ
る実験環境の提供,及び受精卵凍結保存・遺伝子組換え動物作出等の胚操作支援を
行う。
生命情報分野においては,臨床研究等の医学・生命科学分野における課題の企画
立案から統計解析支援,及び非線形実験モデルの解析検討を行う。
上位組織 (1件):

前のページに戻る