機関
J-GLOBAL ID:200905063661637905   機関コード:E393000000 更新日: 2020年01月21日

和歌山県農林水産総合技術センター 暖地園芸センター

ワカヤマケンノウリンスイサンソウゴウギジュツセンター ダンチエンゲイセンター, Wakayama Research Center of Agriculture, Forestry and Fisheries, Horticultural Experiment Center
代表者: 所長 小沢 良和
設立年: 1987
住所: 〒644-0024 和歌山県御坊市塩屋町南塩屋724
電話番号: 0738-23-4005
FAX番号: 0738-22-6903
定員: 12
機構・研究部門名 (2件):
  • 園芸部
  • 育種部
附属施設名 (4件):
  • 研修館 ・増殖管理棟 ・管理棟等
  • 果樹ハウス ・野菜ハウス ・花きガラス温室
  • 育種ガラス室 ・環境制御温室 ・育苗アクリル温室
  • 育苗増殖ガラス温室
沿革 (7件):
  • 1987/06
    和歌山県農業試験場「暖地園芸総合指導センター」として発足
  • 1993/04
    県の機構改革により和歌山県農業試験場から独立して、和歌山県暖地園芸センターとして1課2部体制で発足
  • 1996/04
    ウメ対策チームを設置
  • 1997/04
    園芸技術研修館が完成
  • 1998/04
    県の組織改正により「和歌山県農林水産総合技術センター暖地園芸センター」と名称変更
もっと見る
設置目的:
和歌山県の中南部地域では、天恵の気象条件を最大限に生かして、
エンドウ類をはじめとする特産野菜類、花き、及び日本一のウメなど、
多彩な園芸作物の大きな産地が形成されている。
そうしたなかで暖地園芸センターは、より地域の特性を生かし、収益
性の高い農業の発展、振興を目指して、また、新しい時代の要請に対応
し得る花きなど特産品目、生物工学等を主とする試験研究機関と
して設立された。
事業概要:
1.バイオテクノロジー等先端技術を導入した花、エンドウ等の育種
バイオテクノロジー導入優良品種育種、培養苗の生産技術の体系化
2.バラ、スターチス等の新技術開発など
予算額:
  • 2004年度: 22 (百万円)

前のページに戻る