機関
J-GLOBAL ID:200905064652957065   機関コード:A146000000 更新日: 2020年01月21日

独立行政法人港湾空港技術研究所

ドクリツギョウセイホウジンコウワンクウコウギジュツケンキュウショ, Independent Administrative Institution Port and Airport Research Institute
代表者: 理事長 小和田 亮
設立年: 2001
住所: 〒239-0826 神奈川県横須賀市長瀬3-1-1
電話番号: 046-844-5039(総務課)、5040(企画課)
FAX番号: 046-844-5072
定員: 114
機構・研究部門名 (5件):
  • 企画管理部
  • 海洋・水工部
  • 地盤・構造部
  • 施工・制御技術部
  • 空港研究センター
附属施設名 (10件):
  • 大規模波動地盤総合水路
  • 環境インテリジェント水槽
  • 干潟実験施設
  • 大水深海洋構造物実験水槽
  • 大型構造実験施設
全件表示
沿革 (16件):
  • 1946/01
    運輸省鉄道技術研究所として発足
  • 1949/01
    現地(横須賀市長瀬)に移転
  • 1950/01
    運輸省運輸技術研究所発足による組織替え
  • 1962/01
    運輸省港湾技術研究所設立(管理、水工、構造、機材 4部で発足)
  • 1963/01
    設計基準部を設置(5部体制)
もっと見る
設置目的:
独立行政法人港湾空港技術研究所は、港湾及び空港の整備等に関する
調査、研究及び技術の開発等を行うことにより、効率的かつ円滑な港湾
及び空港の整備等に資するとともに、港湾及び空港の整備等に関する技
術の向上を図ることを目的とする。
事業概要:
研究所は、上記の目的を達成するため、次の業務を行う。
1.次に掲げる事項に関する基礎的な調査、研究及び技術の開発を行うこと。
(1)港湾の整備、利用及び保全に関すること。
(2)航路の整備及び保全に関すること。
(3)港湾内の公有水面の埋立て及び干拓に関すること。
(4)港湾内の海岸の整備、利用及び保全に関すること。
(5)飛行場の整備及び保全に関すること。
2.前号(1)から(5)までに掲げる事項に関する事業の実施に関する研究及び
技術の開発を行うこと。
3.前2号に掲げる業務に係る技術の指導及び成果の普及を行うこと。
4.前1号(1)から(5)までに掲げる事項に関する情報を収集し、整理し、及び
提供すること。
5.前各号に掲げる業務に附帯する業務を行うこと。
予算額:
  • 2002年度: 3,616 (百万円)
  • 2001年度: 3,030 (百万円)
  • 1999年度: 2,170 (百万円)

前のページに戻る