機関
J-GLOBAL ID:200905066455712827   機関コード:2224018003 更新日: 2021年06月08日

東海大学 理学部 物理学科

トウカイダイガク リガクブ ブツリガッカ, Tokai University School of Science Department of Physics
代表者: 学科長 藤城 武彦
設立年: 1964
住所: 〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
電話番号: 0463-58-1211
FAX番号: 0463-50-2013
沿革 (1件):
  • 1964/01
    物理学科 設置
設置目的:
真理の探究
事業概要:
21世紀をめざして、世界は高度情報化社会の時代に突入し、さまざま
な情報がとびかい、新しい意識・価値観が生まれようとしており、物理
学を基本原理とする科学技術も高度化・巨大化することにつれて多様な
価値観がもち込まれ、人間の社会構造も大きく変わろうとしています。
これに伴い、自然科学教育の場も大きな変革を余儀なくされようとして
います。
物理学が経済や社会に与えた影響は計り知れず、工業や産業の基礎を
形成し、現代日本の経済的繁栄の最重要な礎であるといっても過言では
ありません。物理学がすべての科学技術の基礎を担っているという事実
を一時も忘れることはできず、いかなる時代になろうとも物理学の分野
は確固たる位置を占めています。
物理学は本来より、素粒子・宇宙・生命・物質などの謎に挑み、着実
にそれらの世界を明らかにしてきましたし、これらへの探求は我々に
与えられた最大の知的ロマンといえるでしょう。このようにして物理学
への好奇心と知的探求心を高揚させ、また満足させることを第一の目標
としています。
卒業生の半数は企業に就職していることから、社会に役立つ人材の教
育を第二の目標としています。大学での勉強はひとつの物事を深く極め
るための訓練であり、練習であるとの考えより、物事をブラックボック
スとしてみるのではなく、その本質を知る習慣と能力を身につけ、あら
ゆる物事に通じる柔軟な頭脳をつくっていこうとしています。このこと
は大学院は進学し、将来研究者の道を歩もうとする人にとっては非常に
大切なことです。徹底的に物事の物理現象の原理を理解することで21世
紀をリードする新しい高度科学技術を創造する能力をもつ人材の育成を
めざしています。
物理学科のカリキュラムは、以上の立場に立って組み立てられています。
まず、物理学概論および現代物理学ゼミナールによって物理学の全体像を
捉えることから始まり、各論の講義科目として力学、電磁気学、熱・統計
学、量子力学の専門科目が続きます。
これらの科目にはそれぞれ演習科目が付随しており、さらに講義科目の
理解の一助となるような物理数学科目も並行して開講されています。
また、現象を理解し、複雑な計算をこなせるようにコンピュータ科目と
して情報処理演習、コンピュータ物理学演習が開講されており、現状を
実際に把握することを目的として、物理実験、専門実験等の実験科目が
開講されています。さらには、現在の先端分野を視野に入れながら素粒子
物理学、宇宙物理学、生物物理学、分子物理学、物性物理学、レーザー
物理学、プラズマ物理学などの理論・実験分野の科目が開講されています。
卒業を控えては、物理ゼミナール、卒業研究として担当教員の指導の
もとで、各学生諸君の興味を引き出しながら新しい科学技術への対応の
仕方、研究結果のまとめ・討論・発表の仕方のなどを一貫として指導して
いきます。
教員と学生諸君がいかに良く相互に信頼し、協力できるかが大事である
という観点より、不明な点は十分理解できるまで説明していきます。
今、私たちは積極的に行動し、物理学への好奇心と知的探求心の旺盛な
学生を強く希望しており、それを満足させようとしています。
上位組織 (2件):

前のページに戻る