機関
J-GLOBAL ID:200905069013097553   機関コード:4612802000 更新日: 2020年01月21日

大分県立芸術文化短期大学 美術科

オオイタケンリツゲイジュツブンカタンキダイガク ビジュツカ, Oita Prefectural College of Arts and Culture Department of Art
代表者: 科長 中川惠雄
設立年: 1979
住所: 〒870-0833 大分県大分市上野丘東1-11
電話番号: 097-545-0542
FAX番号: 097-545-0543
設置目的:
本学美術科は美術専攻とデザイン専攻の2専攻からなる。美術専攻は、絵画・
彫刻に関する基礎的な実技・理論及び教養を基盤とし、多岐にわたる現代美術の
諸相に、着実かつ柔軟な姿勢で対応し得る創造性豊かな人材の育成を目的とする。
デザイン専攻は、デザイン・工芸の基礎理論と造形実習を通じて、現代社会の要求
に応じ得る創造力と計画性豊かでインターナショナルな感性をもった、人材の育成
をめざす。
事業概要:
美術専攻では1年前期において、表現のための諸材料・各種技法を学び基礎的な
デッサン力を身につける。1年後期より絵画を選択する者は、平面上の実在感の
把握を、彫刻を選択する者は、塑像における量の把握の方法を学ぶ。2年次では、
絵画彫刻の専門知識・技能を深め、創造力・造形力を養い、2年間のまとめとして
の卒業制作においてその成果を作品として発表する。 デザイン専攻では1年前期
において、造形全般の基礎的な表現力を身につける。1年後期よりビジュアル
デザインを選択する者は、表現技術の修得・発想練習を行い、さらにコンピュータ
を活用してイラストレーション・エディトリアルデザインについて学ぶ。
さらに2年次においては、専門の知識・技能を更に深め、卒業制作において2年間の
研究成果を作品として発表する。 工芸デザインを選択した者は、染色または陶芸
を中心に各種工芸素材に関する実習を通じて、造形素材についての知識・造形力を
養い、2年次においては各自の専門性を深め、卒業制作ではそれらの成果を生かし、
作品を制作する。
上位組織 (1件):

前のページに戻る