機関
J-GLOBAL ID:200905074214277880   機関コード:2528000000 更新日: 2020年01月21日

長浜バイオ大学

ナガハマバイオダイガク, Nagahama Institute of Bio-Science and Technology
代表者: 理事長 吉田保
設立年: 2002
住所: 〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266番地
電話番号: 0749-64-8100(代)
FAX番号: 0749-64-8140
機構・研究部門名 (4件):
  • バイオサイエンス学部
  • 図書情報センター
  • 産官学共同研究・事業開発センター
  • 事務局
沿革 (3件):
  • 2002/12
    長浜バイオ大学 認可 バイオサイエンス学部設置
  • 2002/12
    学校法人関西文理総合学園 認可
  • 2003/04
    長浜バイオ大学 開学
設置目的:
“秒進分歩”の科学技術の発達によって、今やバイオサイエンス
(生命科学)は、21世紀をリードする先端科学技術であり、医
薬・食料・環境など、人類と地球上の生命が直面している課題を解
決し、産業と経済を再生するパイオニアとしての期待がかかってい
ます。
長浜バイオ大学は、バイオサイエンスパークをはじめ、国内外の先
端的研究機関とのコラボレーション(共同作業)により、バイオサ
イエンス分野の最先端研究・技術動向を常にキャッチアップし、こ
れからの科学技術の担い手となるバイオサイエンスの基礎と応用力
を身につけた実践的な技術者の育成をめざし設立されました。
本学は、21世紀の社会形成の基盤となることが期待されている先端
バイオサイエンスに相応しい、生物化学と情報科学、環境科学を融
合した学際的な教育・研究を実践し、また、バイオサイエンス分野
での教育・研究開発に実績を有する教員が、独創性あるアイデアを
生かした研究開発に取り組み、その成果をカリキュラムに反映さ
せ、バイオサイエンスの基礎と応用の力を身につけた人材を養成
し、産学連携、大学外部との交流を通じて、持続可能な社会の発展
に貢献していくことをめざしています。

事業概要:
バイオサイエンス分野(遺伝子生命科学、分子生命科学、細胞生命
科学、生命情報科学、環境生命科学領域等)における教育、研究活
動。
外部機関との共同研究、受託研究、研修員受入、社会人向け人材育
成、市民公開講座等の産官学連携活動および海外交流活動。
下位組織 (2件):

前のページに戻る