機関
J-GLOBAL ID:200905090781787878   機関コード:E554000000 更新日: 2009年11月16日

沖縄県衛生環境研究所

オキナワケンエイセイカンキョウケンキュウショ, Okinawa Prefectural Institute of Health and Environment
代表者: 所長 稲福恭雄
設立年: 1946
住所: 〒901-1202 沖縄県南城市大里字大里2085
電話番号: 098-945-0781(代)
FAX番号: 098-945-9366
定員: 42
機構・研究部門名 (3件):
  • 企画管理班(総務・企画情報)
  • 衛生科学班(感染症・生物生態・食品薬品)
  • 環境生活班(大気環境・水環境)
附属施設名 (3件):
  • 生物生態研究棟
  • 実験動物舎
  • ハブ生態研究野外実験場
沿革 (27件):
  • 1946/01
    中央衛生試験場として沖縄中央病院内(旧コザ市胡屋)に併設。
  • 1952/04
    琉球政府の設立に伴い、琉球衛生研究所と改称。
  • 1952/12
    那覇保健所敷地内に移転。
  • 1957/08
    総務課及び試験検査課を設置。
  • 1958/12
    庁舎竣工移転(那覇市久茂地1-2-1)。
もっと見る
設置目的:
沖縄県衛生環境研究所は、沖縄県福祉保健部に所属する機関で、公衆衛生
及び文化環境部の環境に関する科学的調査研究を通じて、公衆衛生の向上
、環境の保全を図ることを目的に設置された。
事業概要:
企画管理班
(総務)
衛生研究所の予算および決算に関すること
衛生研究所の所属職員の服務、福利厚生および事務能率に関すること
衛生研究所の所属職員の給与、旅費および手当等に関すること
(企画情報)
研修教育の企画・調整・推進
所報等の発行、 図書室の管理運営
所内調査研究業務の企画・調整
老人保健情報の収集・解析
健康事象及び不明疾患に係る疫学調査研究
公衆衛生情報の収集・解析
沖縄県感染症情報センターの管理運営

衛生科学班
(感染症)
病原微生物及び寄生虫に起因する病原体の検査
ウィルス、細菌及び寄生虫に起因する疾病の疫学的調査研究
食品、飲料水中の病原微生物学的検査
新興・再興感染症に関する調査研究
食中毒の原因解明
病原微生物及び寄生虫に関する研修の実施
衛生動物の生態と防除
(生物生態)
蛇毒および抗毒素の研究
ハブ咬症治療法の研究
ハブ咬症の疫学的調査
ハブ駆除法の研究
蛇類の飼育管理
蛇類の生態学的研究
海洋危険生物の生態学的調査研究
海洋危険生物による被害の疫学調査
海洋危険生物の毒に関する調査研究
海洋危険生物の防除と対策
(食品薬品)
食品、食品添加物に関する検査・分析および調査研究
医薬品、化粧品、器具及び容器包装の検査・分析及び調査研究
栄養に関する分析及び調査研究
沖縄県産薬用植物の分析および調査研究
食品中の自然(魚類、貝類、植物)毒の研究
温泉の分析

環境科学班
(大気環境)
大気汚染状況の常時監視測定
煙道排ガス調査
家畜場及び工場からの悪臭物質の分析・調査
騒音・振動の測定
環境放射能の調査
原子力軍艦寄港時の放射能調査
酸性雨の調査研究
(水環境)
水質汚濁に関する調査研究
公共用水域および地下水の監視測定
事業所排水の監視測定
基地排水および周辺海域等の監視測定
廃棄物処分場の排水等監視測定
化学物質による環境汚染調査
底生生物による水環境の評価
赤土等の流出による水環境への影響調査
赤土等の流出影響モニタリングシステムの開発
赤土等流出源実態調査
赤土等流出防止対策の評価と検証
研究分野 (5件): 総合領域 ,  化学 ,  生物学 ,  農学 ,  医歯薬学
予算額:
  • 2008年度: 547 (百万円)
  • 2007年度: 534 (百万円)
  • 2006年度: 537 (百万円)
  • 2005年度: 560 (百万円)
  • 2004年度: 568 (百万円)
  • 2003年度: 586 (百万円)
  • 2002年度: 615 (百万円)
  • 2001年度: 611 (百万円)
  • 2000年度: 615 (百万円)

前のページに戻る