研究者
J-GLOBAL ID:201001000687946196   更新日: 2020年06月09日

山本 雅裕

ヤマモト マサヒロ | Yamamoto Masahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (8件): 分子生物学 ,  実験動物学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  寄生虫学 ,  免疫学
研究キーワード (7件): 遺伝子改変マウス・寄生虫 ,  ゲノム編集 ,  病原性機構 ,  インターフェロン ,  トキソプラズマ ,  寄生虫免疫学 ,  自然免疫
論文 (46件):
  • Lee Y, Yamada H, Pradipta A, Ma JS, Okamoto M, Nagaoka H, Takashima E, Standley DM, Sasai M, Takei K, Yamamoto M. Initial phospholipid-dependent Irgb6 targeting to Toxoplasma gondii vacuoles mediates host defense. Life Science Alliance. 2020. In press
  • Orimo T, Sasaki I, Hemmi H, Ozasa T, Fukuda-Ohta Y, Ohta T, Morinaka M, Kitauchi M, Yamaguchi T, Sato Y, Tanaka T, Hoshino K, Katayama KI, Fukuda S, Miyake K, Yamamoto M, Satoh T, Furukawa K, Kuroda E, Ishii KJ, Takeda K, Kaisho T. Cholera toxin B induces interleukine-1β production from resident peritoneal macrophages through pyrin as well as NLRP3 inflammasome. Int Immunol. . 2019. 31. 10. 657-668
  • Fisch D, Bando H, Clough B, Hornung V, Yamamoto M, Shenoy AR, Frickel EM. Human GBP1 is a microbe-specific gatekeeper of macrophage apoptosis and pyroptosis. EMBO J. 2019. 38. 13. e100926
  • Bando H, Lee Y, Sakaguchi N, Pradipta A, Sakamoto R, Tanaka S, Ma JS, Sasai M, Yamamoto M. Toxoplasma effector GRA15-dependent suppression of IFN-γ-induced antiparasitic response in human neurons. Front. Cell. Infect. Microbiol. . 2019. 9. 140
  • Briard B, Karki R, Malireddi RKS, Bhattacharya A, Place DE, Mavuluri J, Peters JL, Vogel P, Yamamoto M, Kanneganti TD. Fungal ligands released by innate immune effectors promote inflammasome activation during Aspergillus fumigatus infection. Nat Microbiol.,. 2019. 4. 2. 316-327
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (16件):
  • <b>ヒトの抗トキソプラズマ免疫系におけるIDO1の重要な役割とトキソプラズマによるIDO1を標的にした免疫抑制機構</b>
    臨床免疫・アレルギー科 第71巻第3号 2019
  • 病原性原虫トキソプラズマに対する細胞自律的な生体防御機構
    感染・炎症・免疫 Vol.42 No.2 66-75 2018
  • インターフェロン誘導性GTPaseによる細胞内寄生性病原体に対する細胞自律的免疫系
    医学のあゆみ・自然免疫の最前線 265巻13号 2018
  • 病原性寄生虫に対する宿主免疫系とインターフェロン-γ依存的な感染細胞死
    実験医学増刊 Vol.34 No.7 2016
  • トキソプラズマ感染による宿主免疫誘導機構について
    臨床免疫・アレルギー科 第65巻第5号 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (68件):
  • Role of CXCR4 in liver stage Plasmodium development
    (The 18th Awaji International Forum on Infection and Immunity 2019)
  • 肝臓期マラリア原虫の分化を制御する宿主因子の同定
    (シンポジウム 第72回日本細菌学会九州支部総会 第56回日本ウイルス学会九州支部総会 2019)
  • 肝臓期マラリアの分化に関与する宿主因子の同定
    (第27回分子寄生虫学ワークショップ/第17回分子寄生虫・マラリア研究フォーラム合同大会 2019)
  • 常在グラム陰性細菌に対するCaspase-11インフラマソームの制御機構
    (シンポジウム2 腸内細菌叢と疾患 第84回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2019)
  • Molecular basis of Toxoplasma PV membrane targeting by Irgb6
    (Session II-IMMUNOLOGY The XVth International Toxoplasma Congress (ToxoXV) 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2006 - 医学博士(大阪大学)
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学)
経歴 (9件):
  • 2013/07 - 現在 大阪大学 教授(兼任)
  • 2013/07 - 現在 大阪大学 教授
  • 2012/01 - 2013/06 大阪大学 独立准教授
  • 2011/05 - 2011/12 大阪大学大学院 准教授
  • 2007/04 - 2010/04 大阪大学大学院 助教
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2017/04 - 現在 日本寄生虫学会 評議員
受賞 (5件):
  • 2019/02 - 第15回(平成30年度)日本学術振興会賞
  • 2018/12 - 第2回日本医療研究開発大賞 AMED理事長賞
  • 2011/04 - 文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣 表彰若手科学者
  • 2007/11 - 日本免疫学会 日本免疫学会研究奨励賞
  • 2006/03 - 大阪大学大学院医学系研究科 山村賞
所属学会 (2件):
日本免疫学会 ,  日本寄生虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る