研究者
J-GLOBAL ID:201001002312121079   更新日: 2020年07月14日

二見 史生

フタミ フミオ | Futami Fumio
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 通信工学
論文 (20件):
  • Ken Tanizawa, Fumio Futami, Osamu Hirota. Digital feedforward carrier phase estimation for PSK Y-00 quantum noise randomized stream cipher. IEICE Communications Express. 2018. 7. 1. 1
  • Fumio Futami, Kyle Guan, Jurgen Gripp, Kentaro Kato, Ken Tanizawa, Sethumadhavan Chandrasekhar, Peter J. Winzer. Y-00 quantum stream cipher overlay in a coherent 256-Gbit/s polarization multiplexed 16-QAM WDM system. OPTICS EXPRESS. 2017. 25. 26. 33338-33349
  • Osamu Hirota, Takehisa Iwakoshi, Fumio Futami, Katsuyoshi Harasawa. Getting around the Shannon limit of cryptography. SPIE Newsroom. 2010. 10.1117/2.1201008.003069
  • F. Futami, R. Okabe, T. Kato, C. Schmidt-Langhorst, C. Schubert, R. Ludwig, S. Watanabe. All-optical Combination of DPSK and OOK to 320-Gb/s DQPSK Signal Using Fiber-based Signal Processors. 35th European Conference on Optical Communication (ECOC 2009). 2009. 4.3.1
  • F. Futami. All-optical Signal Processing for Ultra-high Speed Photonic Network. IEEE LEOS Winter Topicals. 2009. TuC1.1
もっと見る
MISC (11件):
  • 二見史生, 広田修. 波長分割多重を用いた100 Gb/s Y-00光通信量子暗号の伝送実験. 電子情報通信学会 信学技報. 2014. OCS2014-85. pp.13-18
  • 二見 史生, 渡辺 茂樹, 菊池 和朗. B-10-155 高非線形ファイバの正常分散領域で生成し広帯域スペクトルを用いた多波長パルス光源の検討. 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集. 2000. 2000. 2
  • 二見 史生, リム ハン チュエン, 菊池 和朗. 光位相共役を用いた伝送システムにおける分散スロープ補償. 電子情報通信学会総合大会講演論文集. 2000. 2000. 2
  • 二見 史生, 菊池 和朗, 武田 鎮一, 渡辺 茂樹. C-4-4 高非線形ファイバを用いたパルス圧縮によるサブピコ秒パルス生成. 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集. 1999. 1999. 1
  • 二見 史生, 坂本 高秀, 菊池 和朗, 武田 鎮一, 菅谷 靖, 渡辺 茂樹. C-3-26 高非線形ファイバを用いたNOLMによる0.5ピコ秒パルス波長変換. 電子情報通信学会総合大会講演論文集. 1999. 1999. 1
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • Y-00(光通信量子暗号)試作器のY-00/GbE信号相互変換特性
    (2011年電子情報通信学会 総合大会 2011)
  • 光通信量子暗号(Y-00)の高セキュアフォトニックネットワークへの展開に関する検討
    (電子情報通信学会 新世代ネットワーク次元研究専門委員会 新世代ネットワーク・ワークショップ2010 2010)
  • Technologies of Fiber-based All-Optical Signal Processing
    (Workshop on All-Optical Wavelength Conversion and Signal Processing for Next Generation Networks, Optical Fiber Communication Conference (OFC 2005) 2005)
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2010/04/01 - 現在 玉川大学
  • 2000/04/01 - 2010/03/31 富士通研究所
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る