研究者
J-GLOBAL ID:201001002746021846   更新日: 2020年06月01日

松田 直正

MATSUDA Naomasa
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 社会福祉学 ,  高齢者看護学、地域看護学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2021 介護保険施設における糖尿病患者のアドヒアランス維持に資するケア評価尺度開発と検証
  • 2012 - 2016 介護保険施設における看護・介護職の協働を推進する協働実践自己評価尺度の開発と検証
  • 2010 - 2012 介護老人保健施設における看護職と介護職の協働パターンと職務満足度に関する研究
論文 (34件):
  • 松田 直正. “看護観”のみつけ方. 看護学生. 2018. 65. 14. 48-57
  • 松田 直正. 疾患別看護過程 統合失調症. ナーシング・キャンバス. 2017. 5. 1. 43-69
  • 松田 直正. 患者さんと真の関係を築こう-看護学生に大切なこと. ナーシング・キャンバス. 2016. 4. 8. 12-25
  • 松田 直正. 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)研究成果報告書 「介護保険施設における看護・介護職の協働を促進する協働実践自己評価尺度の開発と検証」. 2016
  • 松田 直正. 看護学生の存在-情報収集の前に-. ナーシング・キャンバス. 2016. 4. 2. 90-91
もっと見る
書籍 (2件):
  • 基礎と臨床がつながる疾患別看護過程Part2 (Nursing Canvas Book)
    学研メディカル秀潤社 2017 ISBN:9784780912968
  • 糖尿病の患者さんによく聞かれる質問120
    日本看護協会出版会 2009 ISBN:9784818014466
講演・口頭発表等 (11件):
  • Significance of practicing psychiatric nursing practice at social welfare facilities of mentally handicapped persons in Japan
    (International Council of Nurses Congress 2019 Singapore 2019)
  • 臨床における採血・吸引ガイドラインの普及の度合いが技術に与える影響
    (日本看護技術学会第14回学術集会 2015)
  • 介護療養型医療施設における看護・介護職の協働に関する研究
    (第45回日本看護学会-慢性期看護-学術集会 2014)
  • 患者さんに“寄り添う”とは何か
    (学校法人晃陽学園 晃陽看護栄養専門学校 2014)
  • Research on the element which affects the job satisfaction at nurses and care workers
    (International Council of Nurses 25th Quadrennial Congress Melbourne 2013)
もっと見る
学位 (3件):
  • 修士(社会福祉学)
  • 学士(看護学)
  • 学士(社会福祉学)
経歴 (9件):
  • 2019/10 - 現在 秀明大学 看護学部 講師
  • 2019/04 - 2019/09 秀明大学 学校教師学部 講師
  • 2015/07 - 2019/03 淑徳大学 看護栄養学部 講師
  • 2012/04 - 2015/06 千葉県立保健医療大学 健康科学部 助教
  • 2010/04 - 2012/03 千葉大学大学院看護学研究科 附属看護実践研究指導センター 特任助教
全件表示
所属学会 (4件):
日本精神保健福祉政策学会 ,  千葉看護学会 ,  社会事業史学会 ,  日本社会福祉学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る