研究者
J-GLOBAL ID:201001003479984636   更新日: 2018年03月28日

植田 隆子

ウエタ タカコ | Ueta Takako
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 地域研究 ,  国際関係論
研究キーワード (1件): 国際安全保障 信頼醸成措置 EU OSCE NATO
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 1988 - 現在 研究成果公開促進費(博士学位論文『地域的安全保障の史的研究』
  • 2011 - 2016 パワー・シフトの進む国際環境における日EU協力の包括的研究
  • 2014 - 2015 OSCEとEUによる紛争予防と紛争解決
  • 2013 - 2013 欧州安全保障協力機構の協調的安全保障モデルとそのアジア太平洋への適用可能性
  • 2006 - 2010 変容するEUの対外政策基盤とその対日政策をめぐる総合的研究
全件表示
論文 (52件):
  • [EUの域内治安と対外安全保障の連結」. 日本EU学会年報. 2017. 37. 30-48
  • 植田隆子. ユーロ危機の時期のEUの対外関係(2008年9月ー2014年1月). 日本EU学会年報. 2014. 34. 155-179
  • Takako Ueta. The Role of Europe in Enhancing Cooperative Security in Asia and the Pacific. Security Policy Brief. 2013. 50. 1-10
  • Takako Ueta. EU Policy toward Asia and the Pacific. ISPSW Strategy Series. 2013. 250. 1-20
  • Takako Ueta. EU Policy toward Asia and the Pacific. RSCAS(Robert Schuman Centre for Advanced Studies, European University Institute) Working Paper. 2013. 2013/15. 1-18
もっと見る
MISC (43件):
  • Takako Ueta. Croatia to become the Newest European Union Member in 2013. Japan Times. 2012
  • 植田 隆子. 安全保障の制度化-欧州の経験とアジア太平洋の将来をめぐる実務経験からの省察. 国連ジャーナル. 2012. 2012年. 春. 9-20
  • 植田隆子. EUが創る国際平和維持・構築の新潮流. 世界週報. 2006. 24-27
  • 植田隆子. 期待される日・EU間の戦略的対話(下). 世界週報. 2005. 22-25
  • 植田隆子. 期待される日・EU間の戦略的対話(上). 世界週報. 2005. 10-13
もっと見る
書籍 (53件):
  • Developing EU-Japan Relations in a Changing Regional Context: A Focus on Security, Law and Policies
    Routledge 2017
  • 人の国際移動とEU
    法律文化社 2016
  • Towards an EU Global Strategy- Consulting the Experts
    EU Institute for Security Studies, Paris 2016
  • EU統合を読む
    春風社 2016
  • The OSCE Asian Partnership for Co-operation, Reflections and Perspectives
    OSCE Secretariat, Vienna 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (153件):
  • (Discussant) Session 2: Managing and Transforming Risks on the Korean Peninsula,
    (“Building Stable Peace in Northeast Asia: Managing and Transforming Risks on the Korean Peninsula,” 2018)
  • 「統合欧州」の行方
    (外務省 霞関会 2018)
  • "Japan EU Conference, Twenty Years' History"
    (20th Japan EU Conference 2017)
  • EUの域内治安と対外安全保障の連結
    (日本EU学会研究大会 共通論題全体セッション「自由・安全・正義の領域-難民・テロとEU」 2016)
  • Opening remarks(Welcome words), Introductory remarks(Session two: Cooperation in Hybrid Threats in View of the EU Global Strategy)
    (19th Japan EU Conference 2016)
もっと見る
学位 (3件):
  • 文学士 (津田塾大学)
  • 国際関係学修士 (津田塾大学)
  • 学術博士 (津田塾大学)
経歴 (13件):
  • 1989/04 - 現在 国際基督教大学 社会科学科(1989年度) 国際関係学科(1990年度以降)改組により、政治学・国際関係学デパートメント 1989年度助教授、 1990-1995年度 準教授、 1996年度以降 正教授
  • 2013/04 - 2013/05 オーストリア国際問題研究所 客員研究員
  • 2008/07 - 2011/03 外務省欧州連合日本政府代表部 次席大使
  • 2006/04 - 2010/03 放送大学大学院 客員教授
  • 2005/10 - 2008/09 東京大学大学院 総合文化研究科 特任教授
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2013/10 - 現在 日本EU学会 理事
  • 2007/01 - 現在 Advisory Board, The International Spectator, Italian Journal of International Affairs(Taylor and Francis) Member
  • 2002 - 現在 Editorial Board, Journal of European Integration(Academic Journal, Taylor and Francis) Member
  • 2002 - 現在 Editorial Board, International Insights Series(Academic Publication on International Relations, Peter Lang) Member
  • 1997/11 - 現在 IISS日本委員会 理事
全件表示
受賞 (1件):
  • 1975/03 - 津田塾大学 石坂泰三賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る