研究者
J-GLOBAL ID:201001005669776676   更新日: 2020年08月31日

廣嶋 道子

ヒロシマ ミチコ | Hiroshima Michiko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (3件): 地域研究 ,  教育工学 ,  認知科学
研究キーワード (9件): アクティブ・ラーニング ,  リメディアル教育 ,  動機づけ ,  公開講座 ,  地域連携 ,  生涯学習 ,  体験学習 ,  協同学習 ,  ワークショップ
論文 (8件):
  • 廣嶋 道子, 中村 太. エクステンションセンター公務員講座における学習成果向上のための学習活動の設計と学習支援の取り組み. 福岡大学エクステンションセンター年報. 2018. 8. 13-20
  • 廣嶋 道子. 福岡大学エクステンションセンターの16年間の歩みと課題から今後の展開を拓く. 福岡大学エクステンションセンター年報. 2017. 7. 39-52
  • 重松幹二, 正本博士, コウハクル ワサナ, 廣嶋道子. 防災クロスロードの回答結果にみられる東日本大震災前後での防災意識変化. 地域共生研究. 2015. 4. 23-26
  • 廣嶋 道子, 正本 博士, 重松 幹二. 福岡大学防災士養成研修プログラムの受講動向. 地域共生研究. 2013. 2. 39-52
  • 山中 博心, 廣嶋 道子. 「汎用的能力を習得するための初年次教育-多様な学生対応した学士力を担保するための教育支援-」における実践. 福岡大学エクステンションセンター年報. 2012. 2. 23-31
もっと見る
MISC (2件):
  • 寺田 貢, 須長 一幸, 廣嶋 道子. 初年次学生を対象とした産学連携PBLの取り組み. 福岡大学教育開発支援機構年報平成29(2017)年度. 2018. 99-106
  • 共創型学習プログラムの実践から-認知的徒弟制から学ぶこと-. 2010. 59-77
講演・口頭発表等 (11件):
  • 初年次学生を対象とした産学連携PBLの取り組み
    (第66回九州地区大学教育研究協議会 2017)
  • エンカレッジセミナーによる動機づけ教育
    (日本リメディアル教育学会第10回全国大会 2014)
  • 小学生を対象としたCSアンプラグド「体験して学ぶコンピュータ科学」の実施報告
    (情報処理学会研究報告CE114-12 2012)
  • 学習支援センターの役割・運営を考える〜学生への資格取得への支援
    (日本リメディアル教育学会第7回全国大会 2011)
  • 福岡大学入学前教育「FUステップアップセミナー」
    (Q-conference 2010 2011)
もっと見る
学位 (2件):
  • 修士(法学) (九州大学)
  • Master of Laws (Kyushu University)
所属学会 (3件):
日本生涯教育学会 ,  日本リメディアル教育学会 ,  日本教育工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る