研究者
J-GLOBAL ID:201001006243685637   更新日: 2022年06月13日

小林 広和

コバヤシ ヒロカズ | Kobayashi Hirokazu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/kobalabo/
研究分野 (2件): グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  触媒プロセス、資源化学プロセス
研究キーワード (5件): 触媒 ,  メタン ,  キチン ,  セルロース ,  バイオマス
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2021 - 2024 C-H活性化を利用したメタンからのメタノール合成
  • 2021 - 2024 キチンを再生可能炭素・窒素資源として利用するための効率的な触媒反応法の開発
  • 2020 - 2021 不溶性フタル酸ハイパーブランチポリマーの合成とバイオマス変換触媒としての応用
  • 2018 - 2021 非極性基の相互作用を利用したセルロース・キチンの触媒的分解
  • 2018 - 平衡制約脱却を目指した低温部分酸化型CH4改質プロセスの開発
全件表示
論文 (77件):
  • Takuya Sagawa, Hirokazu Kobayashi, Chinatsu Murata, Yukatsu Shichibu, Katsuaki Konishi, Mineo Hashizume, Atsushi Fukuoka. Catalytic Synthesis of Oxazolidinones from a Chitin-Derived Sugar Alcohol. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2022. in press
  • Cheng Yang, Takuya Sagawa, Atsushi Fukuoka, Hirokazu Kobayashi. Characteristic activity of phosphorous acid in the dehydration condensation of a chitin-derived nitrogen-containing sugar alcohol. Green Chemistry. 2021. 23. 18. 7228-7234
  • Hirokazu Kobayashi, Yusuke Suzuki, Takuya Sagawa, Kyoichi Kuroki, Jun-ya Hasegawa, Atsushi Fukuoka. Impact of tensile and compressive forces on hydrolysis of cellulose and chitin. Physical Chemistry Chemical Physics. 2021. 23. 30. 15908-15916
  • Ryota Osuga, Shuhei Yasuda, Masato Sawada, Ryo Manabe, Hisashi Shima, Susumu Tsutsuminai, Atsushi Fukuoka, Hirokazu Kobayashi, Atsushi Muramatsu, Toshiyuki Yokoi. Oxidative Reforming of Methane over Rh-Containing Zeolites: Active Species and Role of Zeolite Framework. Industrial & Engineering Chemistry Research. 2021. 60. 24. 8696-8704
  • Lingcong Li, Nazmul H. MD Dostagir, Abhijit Shrotri, Atsushi Fukuoka, Hirokazu Kobayashi. Partial Oxidation of Methane to Syngas via Formate Intermediate Found for a Ruthenium-Rhenium Bimetallic Catalyst. ACS Catalysis. 2021. 11. 7. 3782-3789
もっと見る
MISC (18件):
もっと見る
特許 (17件):
書籍 (14件):
  • 触媒の劣化対策、長寿命化
    技術情報協会 2020 ISBN:9784861048142
  • Advances in Catalysis vol. 60
    Elsevier 2017 ISBN:9780128120729
  • Nanoporous Catalysts for Biomass Conversion
    Wiley-VCH 2017 ISBN:9781119128083
  • Reaction Pathways and Mechanisms in Thermocatalytic Biomass Conversion I
    Springer-Verlag Singapore 2015 ISBN:9789812876874
  • Heterogeneous Catalysis for Today's Challenges
    Royal Society of Chemistry 2015 ISBN:9781849736275
もっと見る
講演・口頭発表等 (116件):
  • キチン由来糖アルコールからオキサゾリジノン誘導体の選択合成
    (第128回触媒討論会 2021)
  • 固体酸触媒を用いたキチンの加水分解によるオリゴ糖の選択的合成
    (第128回触媒討論会 2021)
  • ゼオライト担持Re触媒を用いたメタンの酸化的改質反応
    (第128回触媒討論会 2021)
  • Oxidative Conversion of Methane to Syngas over Ru-Re/Al2O3 via Formate Intermediate
    (ACS Fall 2021 2021)
  • 担持Ru-Re触媒によるメタンの 酸化的改質反応
    (2021年度CREST「革新的触媒」領域公開シンポジウム 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2009 東京工業大学 応用化学専攻
  • 2000 - 2004 東京工業大学 化学工学科
  • 1997 - 2000 埼玉県立大宮高校 理数科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (4件):
  • 2022/01 - 現在 東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系/先進科学研究機構 准教授
  • 2015/10 - 2021/12 北海道大学 触媒科学研究所 助教
  • 2009/04 - 2015/09 北海道大学 触媒化学研究センター 助教
  • 2006/04 - 2009/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
委員歴 (18件):
  • 2021/04 - 2021/11 石油学会 函館大会現地実行委員
  • 2021/07 - 2021/10 第7回 北大・部局横断シンポジウム 部局担当
  • 2018/04 - 2020/03 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 専門調査員
  • 2019/03 - 2020/02 日本化学会北海道支部 会計幹事
  • 2018/04 - 2018/09 第21回XAFS討論会 実行委員
全件表示
受賞 (10件):
  • 2022/06 - 新化学技術推進協会 第11回新化学技術研究奨励賞 固体触媒法によるキチン利活用技術の開発
  • 2020/03 - 触媒学会 奨励賞 触媒法によるキチンの解重合と含窒素化合物合成
  • 2017/01 - 日本化学会 進歩賞 バイオマスの効率的な利用を可能とする固体触媒-固体基質反応系の創生
  • 2016/02 - 北海道大学 研究総長賞奨励賞
  • 2015/03 - Fuel Processing Technology Outstanding Contribution in Reviewing
全件表示
所属学会 (3件):
アメリカ化学会 ,  日本化学会 ,  触媒学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る