研究者
J-GLOBAL ID:201001006243685637   更新日: 2020年10月20日

小林 広和

コバヤシ ヒロカズ | Kobayashi Hirokazu
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.cat.hokudai.ac.jp/fukuoka/
研究分野 (1件): 触媒プロセス、資源化学プロセス
研究キーワード (4件): メタン ,  キチン ,  セルロース ,  バイオマス
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2021 不溶性フタル酸ハイパーブランチポリマーの合成とバイオマス変換触媒としての応用
  • 2018 - 2021 非極性基の相互作用を利用したセルロース・キチンの触媒的分解
  • 2018 - 平衡制約脱却を目指した低温部分酸化型CH4改質プロセスの開発
  • 2017 - 2018 フタル酸ハイパーブランチポリマーによるセルロース分解
  • 2014 - 2018 固体触媒による含窒素バイオマスリファイナリー
全件表示
論文 (69件):
  • Lina Mahardiani, Abhijit Shrotri, Hirokazu Kobayashi, Atsushi Fukuoka. Structure and Activity of Activated Carbon Functionalized with Maleic Anhydride by Diels-Alder Reaction. Catalysis Today. 2020. 357. 409-415
  • Nazmul H. MD. Dostagir, Coogan B. Thompson, Hirokazu Kobayashi, Ayman M. Karim, Atsushi Fukuoka, Abhijit Shrotri. Rh promoted indium oxide as highly active catalyst for CO2 hydrogenation to methanol. Catalysis Science & Technology. 2020. accepted
  • Shuhei Yasuda, Ryota Osuga, Yusuke Kunitake, Kazuya Kato, Atsushi Fukuoka, Hirokazu Kobayashi, Min Gao, Jun-ya Hasegawa, Ryo Manabe, Hisashi Shima, et al. Zeolite-supported ultra-small nickel as catalyst for selective oxidation of methane to syngas. Communications Chemistry. 2020. 3. 129
  • Daniele Padovan, Hirokazu Kobayashi, Atsushi Fukuoka. Facile Preparation of 3-Acetamido-5-acetylfuran from N-Acetyl-D-glucosamine by using Commercially Available Aluminum Salts. ChemSusChem. 2020. 13. 14. 3594-3598
  • Ryota Osuga, Bayarsaikhan Saikhantsetseg, Shuhei Yasuda, Ryo Manabe, Hisashi Shima, Susumu Tsutsuminai, Atsushi Fukuoka, Hirokazu Kobayashi, Toshiyuki Yokoi. Metal cation-exchanged zeolites with the location, state, and size of metal species controlled. Chemical Communications. 2020. 56. 44. 5913-5916
もっと見る
MISC (17件):
もっと見る
特許 (17件):
書籍 (13件):
  • Advances in Catalysis vol. 60
    Elsevier 2017 ISBN:9780128120729
  • Nanoporous Catalysts for Biomass Conversion
    Wiley-VCH 2017 ISBN:9781119128083
  • Reaction Pathways and Mechanisms in Thermocatalytic Biomass Conversion I
    Springer-Verlag Singapore 2015 ISBN:9789812876874
  • Heterogeneous Catalysis for Today's Challenges
    Royal Society of Chemistry 2015 ISBN:9781849736275
  • Catalytic Hydrogenation for Biomass Valorization
    Royal Society of Chemistry 2014 ISBN:9781849738019
もっと見る
講演・口頭発表等 (108件):
  • 触媒法によるバイオマスからの再生可能化学品の合成
    (第6回北大・部局横断シンポジウム 2020)
  • ルイス酸添加によるキチン由来アミノ糖アルコールの触媒的脱水反応の促進
    (第126回触媒討論会 2020)
  • Facile conversion of N-acetylglucosamine into 3-acetamido-5-acetylfuran by AlCl3 catalyst
    (第126回触媒討論会 2020)
  • キチン由来糖アルコールの脱水反応における亜リン酸の触媒作用
    (第126回触媒討論会 2020)
  • 弱酸点を持つ炭素触媒によるキチンの機械的加水分解
    (第126回触媒討論会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2009 東京工業大学 応用化学専攻
  • 2000 - 2004 東京工業大学 化学工学科
  • 1997 - 2000 埼玉県立大宮高校 理数科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (3件):
  • 2015/10 - 現在 北海道大学 触媒科学研究所 助教
  • 2009/04 - 2015/09 北海道大学 触媒化学研究センター 助教
  • 2006/04 - 2009/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
委員歴 (16件):
  • 2018/04 - 2020/03 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 専門調査員
  • 2019/03 - 2020/02 日本化学会北海道支部 会計幹事
  • 2018/04 - 2018/09 第21回XAFS討論会 実行委員
  • 2016/05 - 2018/04 触媒学会 会誌編集委員会幹事
  • 2015/05 - 2017/04 触媒学会 広報委員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2020/03 - 触媒学会 奨励賞 触媒法によるキチンの解重合と含窒素化合物合成
  • 2017/01 - 日本化学会 進歩賞 バイオマスの効率的な利用を可能とする固体触媒-固体基質反応系の創生
  • 2016/02 - 北海道大学 研究総長賞奨励賞
  • 2015/03 - Fuel Processing Technology Outstanding Contribution in Reviewing
  • 2015/03 - 北海道大学 研究総長賞奨励賞
全件表示
所属学会 (3件):
アメリカ化学会 ,  日本化学会 ,  触媒学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る