研究者
J-GLOBAL ID:201001006825176990   更新日: 2021年05月07日

中村 正明

ナカムラ マサアキ | Nakamura Masaaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://nakamura-lab.phys.sci.ehime-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 数理物理、物性基礎
研究キーワード (3件): 低次元強相関系 ,  トポロジカル絶縁体 ,  量子ホール効果
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2024 強相関量子系に対するトポロジーおよび情報幾何的側面からの理論的研究
  • 2017 - 2020 新奇なトポロジカル物理現象の探索とその検出法に関する理論的研究
  • 2011 - 2014 2次元量子系におけるトポロジカルな秩序と新奇な輸送現象
  • 2004 - 2006 低次元強相関系における新奇な基底状態と有限温度の輸送現象
  • 2002 - 2004 ひねり演算子を用いた低次元強相関系の統計力学的研究
論文 (57件):
MISC (1件):
  • Zheng-Yuan Wang, Shunsuke C. Furuya, Masaaki Nakamura, Ryo Komakura. Dimerizations in spin-S antiferromagnetic chains with three-spin interaction (vol 88, 224419, 2013). PHYSICAL REVIEW B. 2014. 89. 5
講演・口頭発表等 (22件):
  • 密度行列繰込み群法における二次元格子系の拡張一次元格子系へのマッピングとサイズ外挿
    (日本物理学会 第76回年次大会 2021)
  • 2次元格子模型の1次元格子表現を用いたトポロジカル相転移の解析
    (日本物理学会 第76回年次大会 2021)
  • 偏極演算子の高次元化とトポロジカル秩序変数
    (日本物理学会 2020年秋季大会 2020)
  • ひねり演算子と変分波動関数を用いた電子系のトポロジカル相転移の解析
    (日本物理学会 2020)
  • Exact Plaquette-Ordered Ground States with Exact Corner States of the Generalized Hubbard Model in Corner Sharing Lattices
    (SCES2019 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 1998 東京工業大学大学院 物理学専攻博士課程
  • 1993 - 1995 慶應義塾大学大学院 物理学専攻修士課程
  • 1989 - 1993 慶應義塾大学 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (9件):
  • 2015/10 - 現在 愛媛大学大学院理工学研究科 数理物質科学専攻 准教授
  • 2013/04 - 2015/09 東京大学生産技術研究所 特任研究員
  • 2013/05 - 2014/04 マックス・プランク研究所 (Stuttgart) 研究員
  • 2009/02 - 2013/03 東京工業大学 大学院理工学研究科 物性物理学専攻 大学院理工学研究科 物性物理学専攻 特任准教授
  • 2008/04 - 2009/02 マックス・プランク研究所 (Dresden) 客員研究員
全件表示
所属学会 (2件):
アメリカ物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る