研究者
J-GLOBAL ID:201001008762405679   更新日: 2019年11月14日

大島 千佳

OSHIMA Chika
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究キーワード (4件): blood flow. ,  sleeping ,  thermal therapies ,  基礎看護技術 温罨法 睡眠 末梢血流 リンパ浮腫
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2016 - 2020 糖尿病を抱える続発性リンパ浮腫患者のケアに関する研究
  • 2015 - 2018 リンパ浮腫患者の睡眠障害に関する研究ー睡眠状況改善プログラムの開発-
  • 2014 - 2017 肥満はリンパ浮腫の増悪因子か -脂肪細胞とリンパ管への多角的アプローチ-
  • 2013 - 2016 学部におけるリンパ浮腫ケア教育の構築-セラピストの育成を視野に入れて-
  • 2010 - 2014 リンパ浮腫に対する看護プログラムの開発-エビデンスに基づいた構築-
全件表示
論文 (12件):
  • Nakanishi Keisuke, Mawaki Ayana, Oshima Chika, Takeno Yukari, Kurono Fumiya, Taniho Yuiko, Murotani Kenta, Kikumori Toyone, Fujimoto Etsuko. Nighttime Bandaging to Reduce Lymphedema Swelling. SAGE Open Nursing. 2017. 3. 1-8
  • Chika Oshima-Saeki, Yuiko Taniho, Hiromi Arita, Etsuko Fujimoto. Lower-limb warming improves sleep quality. Sleep Science. 2017. 10. 1. 75-79
  • 大島千佳, 有田広美, 藤本悦子. 片足足浴による対側下肢への循環促進効果. 日本看護技術学会誌. 2009. 8. 3. 65-73
  • Chika Ohshima, Nao Yoshida, Hiromi Arita, Etsuko Fujimoto. The effect of hot-pack warming on the skin temperature of the elderly. AINO JOURNAL. 2009. 8. 25-33
  • Etsuko Fujimoto, Ryo sasaki, Hiromi Arita, Chika Ohshima. The effect of hot-pack warmig on the deep body temperature -for the development of a nursing care instrument to induce sleep-. Aino Journal. 2008. 7. 13-19
もっと見る
MISC (12件):
  • Nakanishi Keisuke, Mawaki Ayana, Oshima Chika, Takeno Yukari, Kurono Fumiya, Taniho Yuiko, Murotani Kenta, Kikumori Toyone, Fujimoto Etsuko. Nighttime Bandaging to Reduce Lymphedema Swelling. SAGE Open Nursing. 2017. 3. 1-8
  • Chika Oshima-Saeki, Yuiko Taniho, Hiromi Arita, Etsuko Fujimoto. Lower-limb warming improves sleep quality. Sleep Science. 2017. 10. 1. 75-79
  • 大島千佳, 有田広美, 藤本悦子. 片足足浴による対側下肢への循環促進効果. 日本看護技術学会誌. 2009. 8. 3. 65-73
  • Chika Ohshima, Nao Yoshida, Hiromi Arita, Etsuko Fujimoto. The effect of hot-pack warming on the skin temperature of the elderly. AINO JOURNAL. 2009. 8. 25-33
  • Etsuko Fujimoto, Ryo sasaki, Hiromi Arita, Chika Ohshima. The effect of hot-pack warmig on the deep body temperature -for the development of a nursing care instrument to induce sleep-. Aino Journal. 2008. 7. 13-19
もっと見る
書籍 (11件):
  • エレイン N・マリーブ「人体の構造と機能 第4版」(翻訳)
    医学書院 2015
  • 解剖生理学から見直す看護技術
    学研メディカル秀潤社 2012
  • 形態機能学からみた看護技術11.温罨法を見直す!ホットパックを使ったリラクぜーション:月刊ナーシング
    学研メディカル秀潤社 2008
  • 形態機能学からみた看護技術10.温罨法を見直す!体温調節の仕組みについて:月刊ナーシング
    学研メディカル秀潤社 2008
  • 形態機能学からみた看護技術6.対光反射を見直す!:月刊ナーシング
    学研メディカル秀潤社 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • The influence of multi-layer bandaging on overnight sleep quality
    (26th world congress of lymphology 2017)
  • ラット体幹の表在リンパの動態
    (第41回日本リンパ学会総会 2017)
  • 多層包帯下における温湿度と角質水分量の変化
    (日本看護技術学会第15 回学術集会 2016)
  • 上肢への多層包帯法がリンパ浮腫患者の睡眠に与える影響
    (コメディカル・形態機能学会第15回学術集会 2016)
  • NIGHT-TIME MULTILAYERED BANDAGING: IS IT BENEFICIAL FOR THE REDUCTION OF SWELLING DUE TO LYMPHEDEMA?
    (The 2016 NLN Conference 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2007 - 2009 石川県立看護大学
学位 (1件):
  • 博士(看護学) (石川県立看護大学)
経歴 (12件):
  • 2012/04/01 - 現在 名古屋大学大学院医学系研究科基礎・臨床看護学 准教授
  • 2012/04/01 - 現在 中部大学 非常勤講師(解剖学)
  • 2012/04/01 - 現在 名古屋大学 大学院医学系研究科 看護学専攻 基礎・臨床看護学 准教授
  • 2012/09/25 - 2013/02/01 University of Washington, School of Nursing( Visiting Scholar)
  • 2010/11/16 - 2012/03/31 名古屋大学医学部保健学科看護学専攻 准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2015/09 - 現在 コ・メディカル形態機能学会 次世代の会 会員 会員
  • 2016/10 - 2017/10 コ・メディカル形態機能学会第16回学術集会 副大会長 副大会長
  • 2013/05 - 2014/05 日本看護倫理学会第7会年次大会 事務局員 実行委員(会場運営責任者)
  • 2009/08 - 2010/12 日本看護技術学会第9回学術集会 事務局長 事務局長
受賞 (1件):
  • 2015/09/26 - コ・メディカル形態機能学会 コ・メディカル形態機能学会第14回学術集会学会奨励賞
所属学会 (4件):
日本看護科学学会 ,  日本看護研究学会 ,  コ・メディカル形態機能学研究会 ,  日本看護技術学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る