研究者
J-GLOBAL ID:201001010559054180   更新日: 2022年06月28日

澤岻 哲也

タクシ テツヤ | Tetsuya Takushi
所属機関・部署:
職名: 上席主任研究員
ホームページURL (1件): http://www.pref.okinawa.jp/arc/
研究分野 (2件): 植物保護科学 ,  植物保護科学
研究キーワード (13件): マンゴー ,  mango ,  炭疽病 ,  anthracnose ,  Colletotrichum ,  軸腐病 ,  stem end rot ,  Lasiodiplodia ,  うどんこ病 ,  アセロラ ,  トウガン 軟腐病 ,  カンキツグリーニング病 ,  starch
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2022 - 2026 センサーデータとIoTを活用したマンゴー病害の感染リスク予測による新たな防除法の開発
  • 2022 - 2024 かんしょ輸出産地を支えるサツマイモ基腐病総合的防除体系の開発
  • 2019 - 2021 産地崩壊の危機を回避するためのかんしょ病害防除技術の開発
  • 2019 - 2021 アセロラ貯蔵病害の原因解明および防除技術の確立
  • 2013 - 2018 マンゴー果実病害の生態解明および防除技術の開発
全件表示
論文 (54件):
  • Atsushi Ajitomi, Maki Yamashiro, Tetsuya Takushi, Atsushi Ooshiro. Botrytis cinerea as the causal agent of grey mould on floral tissue of mango in Japan. Australasian Plant Disease Notes. 2022. 17. 1
  • Takashi Hanagasaki, Tetsuya Takushi, Shinji Kawano, Maki Yamashiro. In vitro pesticides susceptibility of Erwinia sp. causing papaya (Carica papaya) black rot in Okinawa, Japan and captan effectiveness on papaya pot seedlings. Journal of General Plant Pathology. 2022. 88. 3. 178-186
  • 澤岻哲也, 山城麻希, 川武恵梨子. Podosphaera xanthiiによるオクラうどんこ病(病原追加). 日本植物病理学会報. 2022. 88. 1. 27-30
  • Ai Maeda, Ayaka Minoshima, Shinji Kawano, Misa Nakamura, Tetsuya Takushi, Maki Yamashiro, Futoshi Kawamura, Atsushi Oshiro, Katsuya Ichinose, Yoshihiro Okada, et al. Foot rot disease of sweet potato in Japan caused by Diaporthe destruens: first report, pathogenicity and taxonomy. Journal of General Plant Pathology. 2022. 88. 1. 33-40
  • Takashi Hanagasaki, Maki Yamashiro, Kozo Gima, Tetsuya Takushi, Shinji Kawano. Characterization of Erwinia sp. causing black rot of papaya (Carica papaya) first recorded in Okinawa Main Island, Japan. Plant Pathology. 2021. 70. 4. 932-942
もっと見る
MISC (12件):
特許 (3件):
書籍 (6件):
  • 沖縄県産マンゴー(アーウィン種・無加温) 基本栽培マニュアル
    沖縄県農業協同組合(JAおきなわ) 2019
  • ひと目でわかる果樹の病害虫 第1巻(改訂第二版)
    日本植物防疫協会 2018
  • 新版 野菜の病害虫診断辞典
    農山漁村文化協会 2015
  • 新版 果樹の病害虫診断辞典
    農山漁村文化協会 2015
  • 日本植物病害大辞典 病害新情報 インターネット版
    全国農村教育協会 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (40件):
  • ハウス外周辺植物に潜在するマンゴー炭疽病菌の種構成およびそれら植物の伝染源としての可能性
    (日本植物病理学会大会 2022)
  • Podosphaera xanthiiによるオクラうどんこ病(病原追加)
    (日本植物病理学会九州部会 2021)
  • 沖縄県のマンゴーから分離されたColletotrichum gloeosporioides種複合体菌株の同定と諸特性
    (日本植物病理学会大会 2021)
  • Diaporthe sp. によるアセロラ果実腐敗病(新称)
    (日本植物病理学会九州部会 2020)
  • アセロラ新病害の同定と防除対策について
    (作物保護検討会(植物病害) 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 1999 琉球大学大学院 生物生産学科農学研究科
  • 1994 - 1998 琉球大学 生物生産学科
受賞 (4件):
  • 2020/12 - 公益財団法人沖縄協会 第42回(2020年度)沖縄研究奨励賞(自然科学部門) 沖縄産マンゴーに発生する炭疽病と軸腐病の発生生態の解明および防除技術に関する研究
  • 2017/11 - 日本植物病理学会 平成29年度 日本植物病理学会九州部会地域奨励賞 マンゴー病害(炭疽病および軸腐病)の発生生態と防除に関する研究
  • 2016/08 - 沖縄農業研究会 第10回 沖縄農業研究会賞 マンゴーの炭疽病、軸腐病に対する防除技術の開発
  • 2009/06 - 日本食品保蔵科学会 平成21年度 日本食品保蔵科学会論文賞 温熱処理によるマンゴー炭疽病の防除
所属学会 (3件):
沖縄農業研究会 ,  九州病害虫研究会 ,  日本植物病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る