研究者
J-GLOBAL ID:201001019911197520   更新日: 2020年05月29日

北村 晃

キタムラ アキラ | Kitamura Akira
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 外科系歯学
研究キーワード (3件): ,  骨再生 ,  口腔外科
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2002 - 上顎洞挙上術の開発
  • 2000 - BCG菌を使用した制癌剤の開発
  • 1995 - 電気刺孔治療法下の悪性腫瘍治療
  • 1995 - Sturdy on Heat Shock Protein for Tumor Growth
MISC (33件):
  • Akira Kitamura, Sohkichi Mastumoto, Izumi Asahina. Growth inhibition of HeLa cell by internalization of Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Guérin (BCG) Tokyo. Cancer Cell International. 2009. 9. 1-7
  • Kitamura A, Okumura T, Shibahara K, Asahina I. Migrated implant body removed from hiatus semilunaris by endoscpic operation. Clinical Oral Implants research. 2009. 19. 9. 892-892
  • 北村晃, 奥村映仁, 芝原清隆, 朝比奈泉. 上顎洞挙上ドリル装置. 日本口腔インプラント学会雑誌. 2007. 236-237
  • Akira Kitamura. Device for sinus lift and case report. Clinical Oral implnats research. 2006. 2006. 17. xliv-xliv
  • Akira Kitamura. Removal of a migrated dental implant from a maxillary sinus by transnasal endoscopy. British Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. 2006. 35. 120-121
もっと見る
特許 (5件):
  • 口腔内装置及びその製造方法
  • 歯科用デバイス、ツール及びハンドピース
  • Dental implant system and method
  • Dental Implant system and method
  • インプラント体植立用ドリル装置
講演・口頭発表等 (2件):
  • Migrated implant body removed from hiatus semilunalis by transnasal endoscope.
    (European Association of Osseointegration (Warsaw), 2008 9月 発表予定、添付有 2009)
  • 上顎洞挙上ドリル装置
    (日本口腔インプラント学会総会 2007)
Works (2件):
  • Growth inhibition of HeLa cell by internalization of Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Guérin (BCG, Tokyo).
    2002 -
  • 過ヨード酸チオカルボジシドシルバープロテイン反応による細胞内糖質の検討
    1992 -
学歴 (2件):
  • - 1975 九州歯科大学 歯学研究科 口腔外科学
  • - 1971 九州歯科大学 歯学部
学位 (1件):
  • 歯学博士 (九州歯科大学)
経歴 (2件):
  • 1977 - 1997 九州歯科大学 講師
  • 1988 - - 長崎大学歯学部 准教授
委員歴 (2件):
  • 1975 - 日本口腔科学会 会員
  • 1970 - 日本口腔外科学会 会員
所属学会 (2件):
日本口腔科学会 ,  日本口腔外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る