研究者
J-GLOBAL ID:201001022098229828   更新日: 2020年07月14日

中川 威

ナカガワ タケシ | Nakagawa Takeshi
所属機関・部署:
職名: 室長
研究分野 (2件): 教育心理学 ,  教育心理学
研究キーワード (9件): 健康長寿 ,  幸福感 ,  高齢者心理学 ,  縦断分析 ,  生涯発達心理学 ,  老年学 ,  加齢 ,  生涯発達 ,  高齢者
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2014 - 2017 超高齢期における虚弱と適応:生物心理社会的アプローチ
  • 2013 - 2016 高齢期における感情発達に関する縦断研究および実験研究
  • 2015 - 2015 高齢期における幸福感に関する心理学的研究
  • 2012 - 2014 百歳以上高齢者の心理的発達に関する質的研究
  • 2009 - 2010 ウプサラ大学にて高齢者における肯定的な発達に対するケア・ワーカーの理解に関するスウェーデンと日本の比較研究
論文 (26件):
  • Mai Kabayama, Kei Kamide, Yasuyuki Gondo, Yukie Masui, Takeshi Nakagawa, Madoka Ogawa, Saori Yasumoto, Hirochika Ryuno, Yuya Akagi, Eri Kiyoshige, Kayo Godai, Ken Sugimoto, Hiroshi Akasaka, Yoichi Takami, Yasushi Takeya, Koichi Yamamoto, Kazunori Ikebe, Hiroki Inagaki, Peter Martin, Yasumichi Arai, Tatsuro Ishizaki, Hiromi Rakugi. The association of blood pressure with physical frailty and cognitive function in community-dwelling septuagenarians, octogenarians, and nonagenarians: the SONIC study. Hypertension Research. 2020
  • Satomi Maeda, Yasushi Takeya, Ryosuke Oguro, Hiroshi Akasaka, Hirochika Ryuno, Mai Kabayama, Serina Yokoyama, Motonori Nagasawa, Taku Fujimoto, Masao Takeda, Miyuki Onishi-Takeya, Norihisa Itoh, Yoichi Takami, Koichi Yamamoto, Ken Sugimoto, Hiroki Inagaki, Madoka Ogawa, Takeshi Nakagawa, Saori Yasumoto, Yukie Masui, Yasumichi Arai, Tatsuro Ishizaki, Kazunori Ikebe, Yasuyuki Gondo, Kei Kamide, Hiromi Rakugi. Serum albumin/globulin ratio is associated with cognitive function in community-dwelling older people: The Septuagenarians, Octogenarians, Nonagenarians Investigation with Centenarians study. Geriatrics & Gerontology International. 2019. 19. 10. 967-971
  • Hitomi Okubo, Kentaro Murakami, Hiroki Inagaki, Yasuyuki Gondo, Kazunori Ikebe, Kei Kamide, Yukie Masui, Yasumichi Arai, Tatsuro Ishizaki, Satoshi Sasaki, Takeshi Nakagawa, Mai Kabayama, Ken Sugimoto, Hiromi Rakugi, Yoshinobu Maeda, SONC Study Group. Hardness of the habitual diet and its relationship with cognitive function among 70-year-old Japanese elderly: findings from the SONIC study. Journal of Oral Rehabilitation. 2019. 46. 2. 151-160
  • Giovanni Sala, Daniela Jopp, Fernand Gobet, Madoka Ogawa, Yoshiko Ishioka, Yukie Masui, Hiroki Inagaki, Takeshi Nakagawa, Saori Yasumoto, Tatsuro Ishizaki, Yasumichi Arai, Kazunori Ikebe, Kei Kamide, Yasuyuki Gondo. The impact of leisure activities on older adults’ cognitive function, physical function, and mental health. PLoS ONE. 2019. 14. 11. e0225006
  • 中川 威, 安元佐織. 加齢に対するポジティブなステレオタイプは高齢者において長寿を予測する. 老年社会科学. 2019. 41. 3. 270-277
もっと見る
MISC (5件):
書籍 (1件):
  • Healthy aging in sociocultural context
    Routledge 2012 ISBN:0415636213
講演・口頭発表等 (4件):
  • Changes in well-being in the face of life events
    (Visiting Researcher Presentation 2019)
  • Changes in well-being through the transiton into widowhood: Findings from longitudinal studies in Japan
    (International Conference on the Caregiver and Family Burden 2019)
  • Stability and change of Valuation of Life in old age
    (The 31st International Congress of Psychology 2016)
  • Well-being and culture in old age
    (2nd SNU International Gerontology Conference 2016)
学歴 (2件):
  • 2007 - 2012 大阪大学大学院 人間科学研究科
  • 2003 - 2007 大阪大学 人間科学部
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
経歴 (9件):
  • 2020/07 - 現在 国立長寿医療研究センター 室長
  • 2018/04 - 2020/06 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2018/04 - 2020/06 国立長寿医療研究センター 外来研究員
  • 2016/04 - 2018/03 チューリッヒ大学 客員主任研究員
  • 2016/04 - 2018/03 日本学術振興会海外特別研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 日本老年社会科学会 評議員
  • 2018/11 - 現在 日本感情心理学会 編集委員会
  • 2018/08 - 現在 日本パーソナリティ心理学会 機関誌編集委員会
  • 2014/01 - 2015/12 日本発達心理学会 国際研究交流委員会
受賞 (2件):
  • 2019/06 - 日本老年社会科学会 論文賞 高齢期における主観的幸福感の安定性と変化
  • 2015/05 - 日本老年社会科学会 奨励賞
所属学会 (7件):
日本パーソナリティ心理学会 ,  日本感情心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本老年社会科学会 ,  American Psychological Association ,  Gerontological Society of America
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る