研究者
J-GLOBAL ID:201001022098229828   更新日: 2024年04月18日

中川 威

ナカガワ タケシ | Nakagawa Takeshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://rinro.hus.osaka-u.ac.jp/
研究分野 (2件): 教育心理学 ,  教育心理学
研究キーワード (10件): ウェルビーイング ,  生涯発達 ,  高齢者 ,  健康長寿 ,  幸福感 ,  高齢者心理学 ,  縦断分析 ,  生涯発達心理学 ,  老年学 ,  加齢
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2021 - 2025 インフォーマルケアにおける介護者の生活実態の解明と在宅介護支援方策の検討
  • 2021 - 2025 加齢に伴う喪失前後の変化を捉える測定法の基盤確立
  • 2020 - 2024 介護支援技術の評価法の開発および技術開発・導入上の要件整理
  • 2022 - 2023 軽度要介護高齢者におけるウェルビーイング:悉皆調査による検討
  • 2019 - 2022 軽度認知症者の社会参加促進による予後改善に向けた大規模疫学研究
全件表示
論文 (88件):
  • Tomoaki Mameno, Paula Moynihan, Takeshi Nakagawa, Hiroki Inagaki, Suzuna Akema, Yuki Murotani, Satoko Takeuchi, Ayaka Kimura, Yoshie Okada, Yoshitaka Tsujioka, et al. Exploring the association between number of teeth, food intake, and cognitive function: A 9-year longitudinal study. Journal of Dentistry. 2024. 104991-104991
  • 倉坪 和泉, 中川 威. 軽度認知障害を有する高齢者の抑うつに対するマインドフルネストレーニングの効果:システマティック・レビュー. 老年臨床心理学研究. 2024. 5. 9-23
  • Taiji Noguchi, Takeshi Nakagawa, Taiki Sugimoto, Ayane Komatsu, Yujiro Kuroda, Kazuaki Uchida, Rei Ono, Hidenori Arai, Takashi Sakurai, Tami Saito. Behavioral and psychological symptoms of dementia and mortality risk among people with cognitive impairment: an 8-year longitudinal study from the NCGG-STORIES. Journal of Epidemiology. 2024
  • Taiki Sugimoto, Takashi Sakurai, Kazuaki Uchida, Yujiro Kuroda, Haruhiko Tokuda, Takuya Omura, Taiji Noguchi, Ayane Komatsu, Takeshi Nakagawa, Kosuke Fujita, et al. Impact of Type 2 Diabetes and Glycated Hemoglobin Levels Within the Recommended Target Range on Mortality in Older Adults With Cognitive Impairment Receiving Care at a Memory Clinic: NCGG-STORIES. Diabetes Care. 2024
  • Taiji Noguchi, Takeshi Nakagawa, Xueying Jin, Ayane Komatsu, Shintaro Togashi, Mitsunori Miyashita, Tami Saito. Development of a short form of the Japanese version of the Caregiver Reaction Assessment (CRA-J-10) among informal caregivers of older adults. Geriatrics & Gerontology International. 2024
もっと見る
MISC (13件):
  • Takeshi Nakagawa, Giovanni Sala. Rethinking causal effects across the lifespan. The Lancet Healthy Longevity. 2024. 5. 3. e170-e171
  • 伊藤 大幸, 中川 威, 片桐 正敏, 田中 善大, 野村 信威, 原田 新, 村山 恭朗. 実践論文がつなぐ研究と実践. 発達心理学研究. 2023. 34. 3. 97-104
  • Takeshi Nakagawa. Advances in cross-national comparisons of cognitive ageing. The Lancet Healthy Longevity. 2023. 4. 10. e526-e527
  • 中川威. 老い、病み、死ぬとしても、人は幸福に生きられるか. 生きがい研究. 2023. 29. 4-15
  • 中川威. 認知症者のウェルビーイング;概念と測定. 老年社会科学. 2023. 45. 1. 40-44
もっと見る
書籍 (7件):
  • 高齢期の発達科学
    新曜社 2024 ISBN:9784788518377
  • 要説パーソナリティ心理学
    ナカニシヤ出版 2023 ISBN:9784779517150
  • 心理老年学と臨床死生学
    ミネルヴァ書房 2022
  • 感情制御ハンドブック
    北大路書房 2022
  • 情動制御の発達心理学
    ミネルヴァ書房 2021
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • Do Positive Affect and Loneliness Predict Longevity Across Cultures? Findings From the United States and Japan
    (The Gerontological Society of America 2023 Annual Scientific Meeting 2023)
  • 家族介護者のための活動量計を用いたテーラーメード支援プログラムの 社会実装に資する考察
    (第18回日本応用老年学会大会 2023)
  • 100 歳まで生きたいか、生きたくないか
    (第18回日本応用老年学会大会 2023)
  • 老年的超越の縦断変化パターンの分類と関連要因の検討:SONIC70 歳群データを用いて
    (第18回日本応用老年学会大会 2023)
  • 家族介護における加齢に対するステレオタイプから健康への二者間の影響
    (日本心理学会第87回大会 2023)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2012 大阪大学大学院 人間科学研究科
  • 2003 - 2007 大阪大学 人間科学部
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
経歴 (11件):
  • 2024/04 - 現在 大阪大学 人間科学研究科 准教授
  • 2021/04 - 2024/03 国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 老年学・社会科学研究センター 主任研究員
  • 2020/07 - 2021/03 国立長寿医療研究センター 社会参加・社会支援研究室 室長
  • 2018/04 - 2020/06 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2018/04 - 2020/06 国立長寿医療研究センター NILS-LSA活用研究室 外来研究員
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2024/01 - 現在 Psychology and Aging, Editorial board
  • 2022/07 - 現在 日本老年社会科学会 理事
  • 2022/03 - 現在 BMC Psychology Editorial board
  • 2021/04 - 現在 Acta Psychologica Editorial board
  • 2019/04 - 現在 日本老年社会科学会 評議員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2023/11 - American Psychological Association Editor's Choice, Psychology and Aging Cohort differences in trajectories of life satisfaction among Japanese older adults
  • 2019/06 - 日本心理学会 Top Downloaded Paper 2017-2018, Japanese Psychological Research Age, Emotion Regulation, and Affect in Adulthood: The Mediating Role of Cognitive Reappraisal
  • 2019/06 - 日本老年社会科学会 論文賞 高齢期における主観的幸福感の安定性と変化
  • 2015/05 - 日本老年社会科学会 奨励賞
所属学会 (10件):
情報処理学会 ,  日本応用老年学会 ,  日本行動計量学会 ,  日本感情心理学会 ,  American Psychological Association ,  日本パーソナリティ心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  Gerontological Society of America ,  日本心理学会 ,  日本老年社会科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る