研究者
J-GLOBAL ID:201001023536302750   更新日: 2019年04月05日

中妻 雅彦

ナカツマ マサヒコ | Nakatsuma Masahiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  教育学
研究キーワード (3件): 社会科教育 ,  教師教育 ,  教育方法
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 社会科教育
  • 教師教育
  • 教育方法
MISC (24件):
  • 校内研究における若手教員の成長と課題(1). 愛知教育大学研究報告第61輯(教育科学編). 2012. 157-164
  • 「学校実習」長期化と学生の成長. 愛知教育大学教育創造開発機構紀要第2輯. 2012. 95-102
  • 「共感・共同」論に基づいた授業実践の意義. 愛知教育大学教育創造開発機構紀要第2輯. 2012. 37-45
  • 子どもと教師の変化の中で、協同する授業を作る-絵画・イラスト資料の読み取りを中心に-. 課題研究「子どもの現実と社会科授業の成立」報告書. 2011. 5-11
  • 教員養成教育のカリキュラムモデルと「質保証」体制の構築. 2011
もっと見る
書籍 (8件):
  • 小学社会 , 6年下
    教育出版 2011
  • 小学社会 , 6年上
    教育出版 2011
  • 第10章 5年生の授業づくりと学習I , 小学校社会科教師の専門性育成 改訂版 , 78~87
    教育出版 2010
  • 第4章 現代社会と歴史理解 「開かれた小学校歴史教育と国際的視野」 , ゆれる境界・国家・地域とどう向き合うか
    梨の木舎 2009
  • 第2節 社会 , 子どもと教師でつくる教育課程試案
    日本標準 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • 「学校実習」長期化と学生の成長
    (2011)
  • 「学校実習」長期化と学生の成長
    (研究集会 2011)
  • 校内研究における若手教員の成長と課題
    (第47回大会 2011)
  • 地域に根ざす学校カリキュラムの創造-「調整役」としての学校管理職を通して-
    (第21回大会 2010)
  • 子ども同士のかかわりで作る社会科授業-小6歴史、中3公民を例に-
    (第60回大会 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2005 東京学芸大学 教育学研究科 社会科教育学
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (東京学芸大学)
経歴 (3件):
  • 2011/04 - - 教授
  • 2008/04 - 2011/03 准教授
  • 2008/04 - 2011/03 愛知教育大学
所属学会 (5件):
日本教師教育学会 ,  中部教育学会 ,  日本カリキュラム学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本社会科教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る