研究者
J-GLOBAL ID:201001023587162937   更新日: 2021年09月13日

坂田 昌嗣

Sakata Masatsugu
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 精神神経科学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  臨床心理学
研究キーワード (4件): 臨床疫学 ,  行動睡眠医学 ,  認知行動療法 ,  睡眠
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2021 - 2024 スマートフォン認知行動療法による大学生のうつ病予防戦略の最適化
論文 (15件):
  • Toshi A Furukawa, Kiyomi Shinohara, Ethan Sahker, Eirini Karyotaki, Clara Miguel, Marketa Ciharova, Claudi L H Bockting, Josefien J F Breedvelt, Aran Tajika, Hissei Imai, et al. Initial treatment choices to achieve sustained response in major depression: a systematic review and network meta-analysis. World psychiatry : official journal of the World Psychiatric Association (WPA). 2021. 20. 3. 387-396
  • Ethan Sahker, George Pro, Masatsugu Sakata, Toshi A Furukawa. Response to Jordan, Nich, Babuscio, Quainoo, and Carroll. Drug and alcohol dependence. 2021. 223. 108676-108676
  • Masatsugu Sakata, Rie Toyomoto, Kazufumi Yoshida, Yan Luo, Yukako Nakagami, Shuntaro Aoki, Tomonari Irie, Yuji Sakano, Hidemichi Suga, Michihisa Sumi, et al. Development and validation of the Cognitive Behavioural Therapy Skills Scale among college students. Evidence-based mental health. 2021
  • Ethan Sahker, Masatsugu Sakata, Rie Toyomoto, Chiyoung Hwang, Kazufumi Yoshida, Yan Luo, Norio Watanabe, Toshi A Furukawa. Efficacy of brief intervention for drug misuse in primary care facilities: systematic review and meta-analysis protocol. BMJ open. 2020. 10. 9. e036633-e036633
  • Ethan Sahker, George Pro, Masatsugu Sakata, Toshiaki A Furukawa. Substance use improvement depends on Race/Ethnicity: Outpatient treatment disparities observed in a large US national sample. Drug and alcohol dependence. 2020. 213. 108087-108087
もっと見る
書籍 (2件):
  • 睡眠障害に対する認知行動療法:行動睡眠医学的アプローチへの招待
    風間書房 2015 ISBN:4759920927
  • 不眠症の認知行動療法:治療者向けマニュアル(患者向けワークブックCD-ROM付)
    日本評論社 2009 ISBN:4535983070
講演・口頭発表等 (11件):
  • 情緒障害児短期治療施設入所児童の問題改善における個別心理療法の役割
    (日本子ども虐待防止学会第19回学術集会 2013)
  • アルコールと睡眠
    (平成25年度第4回熊本県依存症治療に関わるスタッフミーティング 2013)
  • 精神科臨床で患者の起きられない悩みに応じる
    (日本心理学会第77回大会公募シンポジウム「 臨床現場での睡眠学のエビデンスの活用:臨床心理士はエビデンスをどのように臨床応用しているか?」 2013)
  • 不眠症に対するストレスマネジメント
    (日本ストレスマネジメント学会第10回研修会 2011)
  • うつ病患者の不眠に対する認知行動療法の実践例
    (日本行動療法学会第36回大会自主シンポジウム「うつと不眠を考える-不眠はうつ病の症状?合併疾患?-」 2010)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2018 - 2021 京都大学大学院 健康増進・行動学分野
  • 2008 - 2009 熊本大学大学院 臨床行動科学分野・研究生
  • 2006 - 2008 川崎医療福祉大学大学院 臨床心理学専攻・修士課程
  • 2001 - 2005 京都学園大学 人間関係学科
学位 (1件):
  • 修士(臨床心理学) (川崎医療福祉大学大学院)
経歴 (11件):
  • 2021/04 - 現在 京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 助教
  • 2019/04 - 現在 京都CBTセンター カウンセラー
  • 2019/04 - 現在 京都市 スクールカウンセラー
  • 2018/08 - 2021/03 名古屋市立大学 大学院医学研究科 精神・認知・行動医学分野 研究員
  • 2014/05 - 2018/03 熊本県 高等学校 スクールカウンセラー
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2014/07 - 2018/03 熊本県立人吉高等学校いじめ問題対策委員会 委員
  • 2013 - 2018/03 熊本県学校保健会 心の健康アドバイザー
  • 2011/07 - 日本ストレスマネジメント学会第10回大会 実行委員
所属学会 (10件):
日本プライマリ・ケア連合学会 ,  コクラン・ジャパン ,  不眠症の認知行動療法・睡眠行動医学研究会 ,  American Psychological Association International Affiliate ,  京都府臨床心理士会 ,  日本臨床心理士会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本認知・行動療法学会 ,  日本睡眠学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る