研究者
J-GLOBAL ID:201001026899152245   更新日: 2020年06月12日

鈴木 潤一

スズキ ジュンイチ | Suzuki Junichi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 胎児医学、小児成育学
研究キーワード (3件): 有害事象 CSII 小児 1型糖尿病 ,  1型糖尿病 CSII ,  小児・思春期糖尿病 特に1型糖尿病
論文 (44件):
  • 與田 緑, 浦上達彦, 長野伸彦, 鈴木潤一, 吉川香代, 臼倉幸宏, 細野茂春, 高橋昌里. 甲状腺ホルモン非投与21トリソミー児における生後早期の甲状腺ホルモンの変化. 日本小児科学会雑誌. 2017. 121. 5. 847-854
  • Tonouchi R, Mine Y, Aoki M, Okuno M, Suzuki J, Urakami T. Efficacy and safety of alogliptin in a pediatric patient with maturity-onset diabetes of the young type 1. Clin Pediatr Endocrinol. 2017. 26. 183-188
  • Urakami T, Yoda M, Yoshida K, Mine Y, Aoki M, Suzuki J. Clinical characteristics of schoolchildren with renal glucosuria. Pediatr Int. 2017. doi: 10.1111/ped.13456
  • Okuno M, Ayabe T, Yokota I, Musha I, Shiga K, Kikuchi T, Kikuchi N, Ohtake A, Nakamura A, Nakabayashi K, Okamura K, Momozawa Y, Kubo M, Suzuki J, Urakami T, Kawamura T, Amemiya S, Ogata T, Sugihara S, Fukami M, Japanese Study Group of, Insulin Therapy for Childhood, Adolescent Diabetes. Protein-altering variants of PTPN2 in childhood-onset Type 1A diabetes. Diabet Med. 2017. doi: 10.1111/dme.13566.
  • Ogawa E, Urakami T, Suzuki J, Yoshida A, Takahashi S, Mugishima H. Usefulness of HbA1c to diagnose diabetes among Japanese children detected by a urine glucose screening program in the Tokyo Metropolitan Area. Endocr J. 2012
もっと見る
MISC (14件):
  • 鈴木潤一, 浦上達彦. 糖尿病を疑ったときの検査の進め方. 小児内科. 2017. 49. 増刊. 489-494
  • 鈴木潤一, 浦上達彦. なぜ小児2型糖尿病になるの?. 糖尿病ケア. 2017. 14. 720-721
  • 鈴木潤一, 浦上達彦. 小児2型糖尿病の診断のきっかけ・検査値. 糖尿病ケア. 2017. 14. 722-723
  • 鈴木潤一, 浦上達彦. 小児2型糖尿病の三大療法. 糖尿病ケア. 2017. 14. 724-725
  • 鈴木 潤一, 浦上, 達彦. 小児科ケースカンファレンス 糖尿病. 小児科診療. 2017. 80. 増刊. 38-41
もっと見る
書籍 (4件):
  • ガイドラインと最新文献による小児科学レビュー2016-17
    総合医学社 2016
  • 当直医のための小児救急ポケットマニュアル
    中山書店 2014
  • 経静脈治療治療オーダーマニュアル
    メディカルレビュー社 2012
  • ナースのための小児の病態生理事典
    へるす出版 2009 ISBN:9784892696336
講演・口頭発表等 (25件):
  • 小児期発症糖尿病患者に対する持続血糖モニター(continuous glucose monitor: CGM)の有用性
    (第45回小児内分泌学会学術集会 2011)
  • 小児における1型糖尿病治療
    (第9回1型糖尿病研究会 2011)
  • 1型糖尿病年少例における保育園・幼稚園における関わりについて
    (第58回日本小児保健協会学術集会 2011)
  • 新型インフルエンザ感染後に発症した1型糖尿病の2幼児例
    (第114回日本小児科学会学術集会 2011)
  • 小児糖尿病サマーキャンプが医療従事者に与える影響について
    (第17回小児思春期糖尿病シンポジウム 2011)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 日本大学 医学部 医学科
所属学会 (9件):
日本小児科学会 ,  日本未熟児新生児学会 ,  日本周産期・新生児医学会 ,  日本小児感染症学会 ,  日本小児放射線学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本小児内分泌学会 ,  国際小児思春期糖尿病学会 ,  日本内分泌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る