研究者
J-GLOBAL ID:201001028093990596   更新日: 2020年07月30日

勝川 史憲

カツカワ フミノリ | Fuminori Katsukawa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://web.hc.keio.ac.jp/~fuminorihttp://web.hc.keio.ac.jp/~fuminori
研究分野 (2件): 代謝、内分泌学 ,  生理学
研究キーワード (6件): 食事療法 ,  運動療法 ,  肥満 ,  メタボリックシンドローム ,  エネルギー代謝 ,  健診・医療費レセプト突合データ解析
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2019 高齢者の虚弱化の予防・先送りに資する総エネルギー消費量の評価法に関する研究
  • 2016 - 2018 特定保健指導の代謝指標改善の長期維持効果,医療費に及ぼす影響の検討
  • 2015 - 2018 生活習慣病予防や高齢者の身体機能維持のためのエネルギーバランスに関する指標の開発 並びに栄養素の摂取上限量に関するデータベースの開発に資する研究
論文 (241件):
  • 吉田礼子, 勝川史憲, 旭久美子, 石井広二, 荒井勝己, 増野弥生, 齋藤陽子. 耐糖能異常から見た肥満判定基準の検討. 日本総合健診医学会誌. 2109. 46. 3. 345-355
  • 勝川史憲. 生活習慣病のエネルギー処方を考える-エビデンスと歴史的経緯. 肥満研究. 2109. 25. 1. 6-11
  • Eiichiro Kanda, Yoshihiko Kanno, Fuminori Katsukawa. Identifying progressive CKD from healthy population using Bayesian network and artificial intelligence: A worksite-based cohort study. Scientific Reports. 2019. 9. 1. 5082
  • Eiichiro Kanda, Yoshihiko Kanno, Fuminori Katsukawa. Identifying progressive CKD from healthy population using Bayesian network and artificial intelligence: A worksite-based cohort study. 2019. 9. 5082
  • Yoshimura E, Ohkawara K, Ishikawa-Takata K, Yamada S, Tokui M, Funae O, Takimoto H, Katsukawa F. Assessment of energy expenditure using doubly labeled water, physical activity by accelerometer and reported dietary intake in Japanese men with type 2 diabetes: A preliminary study. Journal of Diabetes Investigation. 2019. 10. 2. 318-321
もっと見る
MISC (67件):
  • 勝川史憲. TOKYO 2020とメディカルサポート:歴史・背景と今後の展開. 体育の科学. 2020. 70. 7. 450-452
  • 勝川史憲. 糖尿病患者のエネルギー摂取量. 臨床栄養・臨時増刊「糖尿病エキスパートブック:食事療法・栄養指導に活かす最新情報」. 2020. 136. 6. 891-897
  • 勝川史憲. 目標体重と総エネルギー摂取量の設定. 臨床栄養. 2020. 136. 4. 440-446
  • 勝川史憲. 現状のエビデンスから見る糖質摂取のあり方:健康長寿を目指して. 日本医師会雑誌. 2020. 148. 12. RS327-RS-328
  • 勝川史憲. リアルワールドのエネルギー必要量. プラクティス. 2019. 36. 6. 6789-695
もっと見る
書籍 (60件):
  • 別冊・医学のあゆみ 健康寿命延伸に寄与する体力医学
    医歯薬出版株式会社 2020
  • 食生活と栄養
    メヂカルフレンド社 2019
  • イラスト図解 筋力トレーニング:医・科学的根拠に基づくアプローチ
    文光堂 2019
  • 医師・コメディカルのためのメディカルフィットネス
    日本体力医学会編,社会保険研究所 2019
  • 未病医学標準テキスト
    一般社団法人・日本未病システム学会編,エヌ・ティー・エス 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (435件):
  • 運動療法:体重コントロール,肥満の合併症改善のための運動・身体活動(教育講演)
    (第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会 学術集会 2019)
  • ニューラルネットワークによる医療費予測モデルと運動習慣の影響
    (第74回日本体力医学会大会 2019)
  • 生活習慣病と虚弱のエネルギー必要量:運動と食事の節点(シンポジウム「栄養と運動のメカニズム」)
    (第38回日本臨床運動療法学会学術総会 2019)
  • 二重標識水(doubly labeled water: DLW)法により示唆された加速度計によるCOPD患者の身体活動性評価の問題点
    (第93回閉塞性肺疾患研究会 2019)
  • 生活習慣病のための食事:エネルギー必要量と糖質制限のエビデンスの現状(教育講演)
    (第22回日本運動疫学会学術総会 2019)
もっと見る
Works (280件):
  • 腎・肝・消化器疾患とスポーツ
    勝川史憲 2016 - 現在
  • 腎・肝・消化器疾患とスポーツ
    勝川史憲 2015 - 現在
  • 糖尿病・メタボリックシンドロームの運動療法:運動生理・身体活動からみた運動の条件設定
    勝川史憲 2015 - 現在
  • いつまでも元気で活躍するための運動のすすめ
    勝川史憲 2014 - 現在
  • 食事・運動による生活習慣病予防・改善の意義
    勝川史憲 2014 - 現在
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1985 - 慶應義塾 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (慶應義塾)
経歴 (7件):
  • 2011/10 - 現在 大学教授(スポーツ医学研究センター)
  • 2005/04 - 2011/09 大学助教授(スポーツ医学研究センター)
  • 2001/04 - 2005/03 大学専任講師(スポーツ医学研究センター)
  • 1992/06 - 2001/03 大学助手(スポーツ医学研究センター)
  • 1989/06 - 1992/05 大学助手(医学部内科学・腎臓内分泌代謝研究室)(専修医)
全件表示
委員歴 (113件):
  • 2017/12 - 現在 日本臨床栄養学会 eラーニング制作委員会委員
  • 2017/12 - 現在 日本臨床栄養学会 eラーニング制作委員会委員
  • 2016/08 - 現在 日本肥満学会 国際委員会委員
  • 2016/08 - 現在 日本肥満学会 国際委員会委員
  • 2016/06 - 現在 公益社団法人日本フィットネス協会 理事
全件表示
所属学会 (17件):
運動疫学会 ,  日本抗加齢学会 ,  日本臨床栄養学会 ,  日本体力医学会 ,  日本臨床運動療法学会 ,  日本総合健診医学会 ,  日本栄養改善学会 ,  日本臨床スポーツ医学会 ,  日本肥満症治療学会 ,  臨床運動療法研究会 ,  日本肥満学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本内科学会 ,  North American Association for the Study of Obesity (北米肥満学会) ,  American College of Sports Medicine (アメリカ・スポーツ医学会) ,  日本未病システム学会 ,  日本栄養・食糧学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る