研究者
J-GLOBAL ID:201001031122659102   更新日: 2020年08月26日

小林 吉之

コバヤシ ヨシユキ | Kobayashi Yoshiyuki
所属機関・部署:
職名: 研究チーム長
ホームページURL (1件): https://unit.aist.go.jp/harc/
研究分野 (1件): 医療福祉工学
研究キーワード (5件): 歩行 ,  転倒 ,  人間工学 ,  バイオメカニクス ,  歩行分析
論文 (25件):
  • Kobayashi Y, Hashizume S, Hobara H, Anzai E, Nakajima K, Mishima K, Morizono K, Sato A, Mochimaru M. Effect of safety boots with toe spring on foot clearance features during walking. Int. J of Ind. Ergon. 2019. 71. 32-36
  • Honda Hiroyuki, Kobayashi Yoshiyuki, Murai Akihiko, Fujimoto Hiroshi. The Development of Sensor-Based Gait Training System for Locomotive Syndrome: The Effect of Real-Time Gait Feature Feedback on Gait Pattern During Treadmill Walking. PROCEEDINGS OF THE 20TH CONGRESS OF THE INTERNATIONAL ERGONOMICS ASSOCIATION (IEA 2018), VOL I: HEALTHCARE ERGONOMICS. 2019. 818. 305-311
  • Akihiko Murai, Hiroaki Hobara, Satoru Hashizume, Yoshiyuki Kobayashi, Mitsunori Tada. Can forward dynamics simulation with simple model estimate complex phenomena?: Case study on sprinting using running-specific prosthesis. ROBOMECH Journal. 2018. 5. 1
  • Nakajima Kanako, Kobayashi Yoshiyuki, Tada Mitsunori, Mochimaru Masaaki. Evaluation of plantar pressures in people with hallux valgus using principal component analysis. Technology and Health Care. 2018. Preprint. 1-8
  • Kobayashi Yoshiyuki, Ogata Toru. Association between the gait pattern characteristics of older people and their two-step test scores. Bmc Geriatrics. 2018. 18
もっと見る
MISC (33件):
  • 小林 吉之. 転倒リスクが高い者の歩行特徴とその知見に基づく判別技術の開発,および当該分野の今後の展望 (特集 転倒予防の新しい視点). The Japanese journal of rehabilitation medicine = リハビリテーション医学. 2018. 55. 11. 915-920
  • 村井昭彦, 保原浩明, 橋詰賢, 小林吉之, 多田充徳. 単純モデルによる順動力学計算は複雑な現象を推定できるか?-ランニング義足を用いた走行の事例-. ロボティクスシンポジア予稿集. 2018. 23rd. 156-159
  • 橋詰 賢, 小林 吉之. 05バ-10-口-12 ランニング時における膝関節negative workのばらつきの要因:主成分分析を用いた探索的分析. 日本体育学会大会予稿集. 2017. 68. 0. 145_3-145_3
  • 中村 陽子, 澤留 朗, 多田 充徳, 小林 吉之, 竹村 裕. 相同化に基づく位相差補正を用いた主成分分析による歩行の特徴抽出. ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集. 2017. 2017. 0. 1P1-P07
  • 佐野陽子, 保原浩明, 小林吉之, 村井昭彦, 橋詰賢, 槇本敦, 竹村裕. 大腿義足ランナーにおける股関節補償動作を予測する因子~競技用義足の長期使用は補償動作を抑制する?~. LIFE講演概要集(CD-ROM). 2016. 2016. ROMBUNNO.2A2-B08-185
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (早稲田大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る