研究者
J-GLOBAL ID:201001032295542860   更新日: 2020年07月13日

西村 有平

ニシムラ ユウヘイ | Yuhei Nishimura
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://mie-integrative-pharm.tumblr.com/
研究分野 (4件): 生命、健康、医療情報学 ,  薬理学 ,  化学物質影響 ,  システムゲノム科学
研究キーワード (7件): 発達神経毒性 ,  神経発達症群 ,  自閉症 ,  データサイエンス ,  発生毒性 ,  ドラッグリポジショニング ,  線毛病
論文 (16件):
  • Nishimura Y, Kasahara K, Inagaki M. Intermediate filaments and IF-associated proteins: from cell architecture to cell proliferation. Proceedings of the Japan Academy, Series B. 2019
  • 田中 利男, 島田 康人, 西村 有平. がんと心脈管作動物質との新たな接点 腫瘍血管新生とプレシジョンメディシン. 血管. 2019. 42. 1. 32-32
  • Yamashita A, Deguchi J, Honda Y, Yamada T, Miyawaki I, Nishimura Y, Tanaka T. Increased susceptibility to oxidative stress-induced toxicological evaluation by genetically modified nrf2a-deficient zebrafish. Journal of Pharmacological and Toxicological Methods. 2018
  • Nishimura Yuhei, Hara Hideaki. Drug Repositioning: Current Advances and Future Perspectives. FRONTIERS IN PHARMACOLOGY. 2018. 9
  • Tanaka K, Goto H, Nishimura Y, Kasahara K, Mizoguchi A, Inagaki M. Tetraploidy in cancer and its possible link to aging. Cancer science. 2018
もっと見る
MISC (5件):
  • 岡本 隆二, 後藤 至, 西村 有平, 橋詰 令太郎, 土肥 薫, 山田 典一, 田中 利男, 伊藤 正明. ギャップ結合タンパク質ベータ4(GJB4)は、心肥大および心不全において重要な働きを担う. 日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集. 2017. 6回. 159-159
  • 岡本 隆二, 後藤 至, 西村 有平, 橋詰 令太郎, 土肥 薫, 山田 典一, 田中 利男, 伊藤 正明. ギャップ結合タンパク質ベータ4(GJB4)は、心肥大および心不全において重要な働きを担う. 血管. 2017. 40. 1. 44-44
  • 松原 央, 田中 利男, 久瀬 真奈美, 加藤 久美子, 松井 良諭, 西村 有平, 山本 哲朗, 近藤 峰生, 吉川 眞男, 工藤 英貴, 吉川 大悟. ゼブラフィッシュ網膜電図のための白色LED内蔵全視野刺激装置の作製. 眼科臨床紀要. 2014. 7. 6. 449-449
  • 松原 央, 田中 利男, 花園 元, 加藤 久美子, 松井 良諭, 久瀬 真奈美, 西村 有平, 山本 哲朗, 近藤 峰生. ゼブラフィッシュからの網膜電図の試み. 眼科臨床紀要. 2013. 6. 6. 481-481
  • 松原 央, 田中 利男, 加藤 久美子, 松井 良諭, 久瀬 真奈美, 西村 有平, 山本 哲朗, 近藤 峰生. ゼブラフィッシュ網膜電図の日内変動. 日本眼科学会雑誌. 2013. 117. 臨増. 386-386
書籍 (2件):
  • Drug Repositioning: Current Advances and Future Perspectives
    Frontiers Media SA 2019 ISBN:9782889456963
  • Oxidative Stress in Retinal Diseases
    Hindawi 2017
学位 (2件):
  • 博士(医学) (三重大学)
  • 医学士 (三重大学)
受賞 (2件):
  • 2018/07 - Japanese Teratology Society Congenital Anomalies Award Zebrafish as a systems toxicology model for developmental neurotoxicity testing
  • 2005 - Cure Autism Now Foundation Young Investigator Award Identification of candidate genes for autism spectrum disorder
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る