研究者
J-GLOBAL ID:201001032327081541   更新日: 2020年08月31日

有村 恵美

アリ ムラエミ | EMI ARIMURA
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 家政学、生活科学 ,  栄養学、健康科学
研究キーワード (3件): 栄養指導 ,  臨床栄養学 ,  糖尿病性腎症
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2023 鹿児島市CKD予防ネットワークを活用した糖尿病腎症・網膜症栄養関連因子の検討
  • 2013 - 2016 科学的根拠に基づく糖尿病網膜症における新規栄養指導法の開発
  • 2010 - 2013 分子基盤に立脚する栄養指導を目指した糖尿病腎症低タンパク質食事療法の効果機序解明
  • 2009 - 2010 糖尿病腎症の進展予防に用いられる低タンパク食療法の機序解明
論文 (13件):
MISC (2件):
  • 坂口望, 中尾織恵, 西園千穂, 後藤清子, 有村恵美, 中尾矢央子, 上ノ町仁, 加治屋昌子. 高血圧合併糖尿病患者の食塩摂取状況. 鹿児島農村医学研究会雑誌. 2007. 37. 17-18
  • 丸口由紀子, 金竹茂純, 後藤清子, 有村恵美, 中尾矢央子, 上ノ町仁, 加治屋昌子. 当院患者における推定食塩摂取量の実態と栄養指導後の推定食塩摂取量と血圧の変化ー24時間蓄尿法による評価ー. 鹿児島県臨床検査技師会誌. 2005. 9. 125. 3-5
書籍 (1件):
  • カツオ今昔物語
    筑波書房 2015
講演・口頭発表等 (24件):
  • 低たんぱく食が2型糖尿病の糖代謝と腎機能に及ぼす影響
    (第15回日本病態栄養学会年次学術集会 2012)
  • 低蛋白食が2型糖尿病の糖代謝・腎機能に及ぼす影響について
    (第23回日本糖尿病性腎症研究会 2011)
  • 世界最小ミニブタ(マイクロミニピッグ:μMP)の産業医学研究への展開:ヒト型睡眠モデルの利点を生かして
    (平成23年度日本産業衛生学会九州地方会学会 2011)
  • 世界最小ミニブタ(マイクロミニピッグ)の栄養学実験への応用:動脈硬化モデルの確立と活動量解析
    (第14回日本病態栄養学会年次学術集会 2011)
  • タンパク質摂取量と腎機能・糖代謝との関わり:dbマウス(2型糖尿病モデル)を用いた解析
    (第14回日本病態栄養学会年次学術集会 2011)
もっと見る
Works (3件):
  • 科学的根拠に基づく糖尿病網膜症における新規栄養指導法の開発
    有村恵美 2013 -
  • 分子基盤に立脚する栄養指導を目指した糖尿病腎症低タンパク質食事療法の効果機序解明(研究代表)
    2010 - 2012
  • 糖尿病腎症の進展予防に用いられる低タンパク食療法の機序解明(研究代表)
    2009 - 2010
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 鹿児島大学大学院 環境医学(博士課程)
  • 2008 - 2010 鹿児島大学大学院 環境医学(修士課程)
  • 1985 - 1987 鹿児島県立短期大学 食物栄養専攻
学位 (1件):
  • 医学博士 (鹿児島大学)
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 非常勤講師
  • 2015/04 - 現在 南学園 看護科 非常勤講師
  • 2015/04 - 現在 久木田学園 看護科 非常勤講師
  • 2015/04 - 現在 原田学園 看護科 非常勤講師
  • 2014/04 - 現在 鹿児島大学 医学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2017/06 - 現在 日本腎栄養代謝研究会 幹事
  • 2010/10 - 現在 日本CKDチーム医療研究会 幹事
受賞 (3件):
  • 2012/12 - 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 奨励賞
  • 2012/03 - 日本衛生学会 日本衛生学会学術総会優秀演題賞
  • 2010 - 会長奨励賞(日本病態栄養学会)
所属学会 (6件):
日本産業衛生学会 ,  日本衛生学会 ,  日本糖尿病・妊娠学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本病態栄養学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る