研究者
J-GLOBAL ID:201001036868227927   更新日: 2019年09月25日

岩垂 瑞穂

イワダレ ミズホ | Iwadare Mizuho
所属機関・部署:
論文 (3件):
  • Sai Kimie, Kajinami Kouji, Akao Hironobu, Iwadare Mizuho, Sato-Ishida Ryoko, Kawai Yasuyuki, Takeda Kenji, Tanimoto Takashi, Yamano Takashi, Akasaka Takashi, Ishida Tatsuro, Hirata Ken-Ichi, Saku Keijiro, Yagi Shusuke, Soeki Takeshi, Sata Masataka, Ueno Masafumi, Miyaz. A possible role for HLA-DRB1*04:06 in statin-related myopathy in Japanese patients. Drug metabolism and pharmacokinetics. 2016. 31. 6
  • R.Saito, K.Takeda, K.Yamamoto, A.Nakagawa, H.Aoki, K.Fujibayashi, M.Wakasa, A.Motoyama, M.Iwadare, R.Ishida, N.Fujioka, T.Tsuchiya, H.Akao, Y.Kawai, M.Kitayama, K.Kajinami. Nutri-pharmacogenomics of warfarin anticoagulation therapy : VKORC1 genotype-dependent influence of dietary vitamin K intake. Journal of thrombosis and thrombolysis. 2014. 38:105-114
  • 赤尾浩慶, 本山敦士, 佐藤良子, 河合康幸, 北山道彦, 若狭 稔, 岩垂瑞穂, 絈野健一, 藤岡 央, 浅地孝能, 梶波康二. 循環器外来におけるアトルバスタチン10mg/日投与によるLDL-コレステロール治療目標値達成率の検討. 日本心臓病学会誌. 2009. 4:122-129
書籍 (1件):
  • 家族性複合型高脂血症
    ライフサイエンス出版 2009 ISBN:9784897752679
講演・口頭発表等 (28件):
  • 特発性拡張型心筋症における分枝鎖アミノ酸濃度と心機能の関係
    (第63回日本心臓病学会学術集会 2015)
  • 巨大バルサルバ洞瘤と大動脈拡張を合併した若年症例
    (第132回日本循環器学会北陸地方会)
  • 冠攣縮性狭心症において、血漿グルタミン酸およびシスチン濃度は上昇する
    (第113回日本内科学会総会・講演会)
  • Nutri-pharmacogenomic Interaction of Intestinal Cholesterol Transporter (NPCILI) with VKORC1 as a Determinant of Warfarin Anticoagulation
    (第80回日本循環器学会学術集会)
  • Differential Role of Osteoprotegerin(OPG) and Osteopontin(OPN) in Vascular Inflammation:Coronary Rotational Atherectomy Study
    (第80回日本循環器学会学術集会)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 2006 金沢医科大学 大学院
  • 1996 - 2002 金沢医科大学
学位 (1件):
  • 医学博士
所属学会 (3件):
日本高血圧学会 ,  日本循環器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る