研究者
J-GLOBAL ID:201001037430230719   更新日: 2020年09月05日

ハーディケン ピーター

Hourdequin Peter
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/tokoha-game-lab/home
研究分野 (7件): 教育社会学 ,  地域研究 ,  外国語教育 ,  英語学 ,  外国語教育 ,  英語学 ,  言語学
研究キーワード (8件): Ecolinguistics ,  日米比較文化 ,  メディア ,  マルチリテラシ ,  Campus Sustainability ,  アイデンティティ ,  コミュニティ・オブ・プラクティス ,  多読
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2021 Participatory Game Design as Education for Sustainable Development
  • 2016 - 2019 常葉ブランドの英語教育構築に向けて:初年次全学共通教養科目「英語コミュニケーション」テキスト研究
  • 2015 - 2018 Campus Sustainability Assessment for Interdisciplinary and Intercultural Learning
  • 2015 - 2017 特別支援を要する児童・生徒の 放課後支援プログラムの開発 -学童保育における合理的配慮の提供を目指して-
  • 2013 - 2014 自律学習を促進する英語教育プログラムの研究と実践
全件表示
論文 (28件):
  • Peter Hourdequin. Social learning and literacy affordances in Animal Crossing: New Horizons. Ludic Language Pedagogy. 2020. 2. 187-202
  • 谷口茂謙、ピーター・ハーディケン、小池理恵、山田昌史. 「常葉ブランドの英語教育構築に向けて:初年次全学共通教養科目英語コミュニケーションテクスト研究」についての報告. 常葉大学外国語学部紀要. 2020. 36. 157-179
  • ハーディケン ピーター. Participatory Game Design as Service Learning. サービス・ラーニング研究・実践報告会:教育に地域貢献活動を導入. 2019. 11-16
  • Peter Hourdequin, Seiji Tani, Tetsuya Bando, Jirayu Ponvarut. Participatory game design as education for sustainability: Lessons from a Japanese university campus. SET Journal. 2018. 2018. 3
  • ハーディケン ピーター, 阪東 哲也, 谷 誠司, ポンワルット チラユ. オープンスペースを活用したゲーム学習活動における大学生参加者の実践コミュニティ形成過程に関する予備調査. 常葉大学教育学部紀要 = Tokoha University Faculty of Education research review. 2017. 38. 433-445
もっと見る
書籍 (4件):
  • Learning, education & games vol. 3: 100 games to use in the classroom and beyond.
    ETC Press (Carnegie Mellon) 2019 ISBN:9780359984015
  • Tokoha University English Communication I&II
    金星堂 2019
  • It's Your Turn: EFL Teaching and Learning with Tabletop Games.
    2019 ISBN:9783030125677
  • Fluency Frames: An Active Learning Workbook and Portfolio
    2017 ISBN:9784901580373
講演・口頭発表等 (23件):
  • Desiging an Historical River Ecology Game as Education for Sustainable Development
    (Green Initiative Week in the Philippines International Conference and Workshop 2020)
  • サービス・ラーニングとして参加型ゲームデザイン
    (サービス・ラーニング研究・実践報告会:教育に地域貢献活動を導入 2019)
  • Gaming and Multiliteracies in a Japanese University's Self Access Center
    (International Academic Forum 2018)
  • Playing with Pragmatics: Awareness Raising and Deliberate Practice Through a Simple Table-Top Game
    (Center for Education of Global Communicatiion (CEGLOC) Conference 2017)
  • Re-Rolling SLA Methodology With Tabletop Games
    (全国言語教育学会 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2012 - 2019 Lancaster University (U.K.) 博士
  • 2008 - 2011 Columbia University Teachers College (U.S.) 修士
  • 2005 - 2007 University of Hawaii at Manoa (U.S.) 修士
  • 1993 - 1997 St. Olaf College (U.S.)
学位 (4件):
  • 博士 (Lancaster University)
  • 修士 (Columbia University)
  • 修士 (University of Hawaii)
  • 文学士 (St. Olaf College)
経歴 (3件):
  • 2010/04 - 現在 常葉大学 (以前常葉学園大学) 外国語学部英米語学科 教員 ・ 研究者
  • 2006/07 - 2006/12 嘉屋日米交流基金 特別研究員
  • 2004/10 - 2006/07 ハワイ東海インターナショナルカレッジ 英語(短期プログラム) 非常勤講師
委員歴 (11件):
  • 2016/01 - 現在 TESOL Journal (国際学術誌) 査読委員
  • 2013/01 - 現在 Reading in a Foreign Language (国際学術誌) 査読委員
  • 2011/11 - 現在 Journal of Extensive Reading (国際学術誌) 創設者 · 編集長
  • 2013/11 - 2014/11 Japan Association of Language Teaching Conference Co-Chair (JALT2014)
  • 2013/11 - 2014/11 全国語学教育学会 (JALT) 年次国際大会実行委員長
全件表示
受賞 (1件):
  • 2012/05 - コロンビア大学大学院修士課程 Applied Linguistics and Language Education (APPLE) Award Winning M.A. Project
所属学会 (5件):
グローバル問題と言語教育研究部会 (GILE) ,  サステイナブルキャンパス推進協議会 ,  Teacher Education and Development (TED) Special Interest Group (SIG) ,  全国語学教育学会 (JALT) ,  日本環境言語学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る