研究者
J-GLOBAL ID:201001038465564934   更新日: 2020年07月14日

日高 匡章

ヒダカ マサアキ | Hidaka Masaaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/surgery2/index.html
研究分野 (2件): 消化器外科学 ,  外科学一般、小児外科学
研究キーワード (6件): 肝再生 ,  肝移植 ,  肝細胞癌 ,  一般外科 ,  消化器外科 ,  肝胆膵外科
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • -
論文 (93件):
  • 猪熊 孝実, 足立 智彦, 夏田 孔史, 大野 慎一郎, 井上 悠介, 日高 匡章, 高槻 光寿, 江口 晋, 田崎 修. IIIb型膵体部損傷に対して脾動静脈切除を伴った脾温存膵体尾部切除(Warshaw手術)を行った1例. Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2020. 9. 2. 263-266
  • 猪熊 孝実, 足立 智彦, 夏田 孔史, 大野 慎一郎, 井上 悠介, 日高 匡章, 高槻 光寿, 江口 晋, 田崎 修. IIIb型膵体部損傷に対して脾動静脈切除を伴った脾温存膵体尾部切除(Warshaw手術)を行った1例. Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2020. 9. 2. 263-266
  • 伊藤 信一郎, 井上 悠介, 砂河 由理子, 米田 晃, 足立 智彦, 日高 匡章, 金高 賢悟, 高槻 光寿, 江口 晋. 当科におけるT4b結腸癌に対する腹腔鏡下手術の治療成績. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2019. 24. 7. SF096-4
  • 田中 貴之, 足立 智彦, 大野 慎一郎, 濱田 隆志, 夏田 孔史, 日高 匡章, 伊藤 信一郎, 金高 賢悟, 江口 晋. 腹腔鏡膵体尾部切除症例における開腹移行症例の検討. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2019. 24. 7. MO053-6
  • 夏田 孔史, 日高 匡章, 濱田 隆志, 足立 智彦, 大野 慎一郎, 田中 貴之, 金高 賢悟, 江口 晋. 長崎大学における腹腔鏡下系統的肝切除の手技と手術成績. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2019. 24. 7. MO171-5
もっと見る
MISC (724件):
  • 江口 晋, 井上 悠介, 猪熊 孝実, 日高 匡章, 田崎 修. 消化器外科医に必要なAcute care surgery. Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019. 9. 1. 84-84
  • 井上 悠介, 伊藤 信一郎, 虎島 泰洋, 猪熊 孝実, 日高 匡章, 金高 賢悟, 高槻 光寿, 江口 晋. ACSにおける画像管理 M&Mの工夫 879回の経験を元に、当科が目指すM&Mカンファレンス. Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019. 9. 1. 107-107
  • 川口 雄太, 井上 悠介, 虎島 泰洋, 伊藤 信一郎, 猪熊 孝実, 日高 匡章, 金高 賢悟, 高槻 光寿, 江口 晋. 経肛門的小腸脱出を伴う直腸穿孔の1例. Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019. 9. 1. 148-148
  • 濱田 隆志, 中村 アンナ, 曽山 明彦, 堺 裕輔, 三好 敬之, 山口 峻, 日高 匡章, 夏田 孔史, 釘山 統太, 大野 慎一郎, 足立 智彦, 高槻 光寿, 紙谷 聡英, 中山 功一, 江口 晋. 再生医療の現状と将来展望 細胞のみで構成される管腔構造体を用いたバイオ人工胆管の作製. 移植. 2019. 54. 総会臨時. 142-142
  • 夏田 孔史, 濱田 隆志, 日高 匡章, 北村 峰昭, 釘山 統太, 足立 智彦, 大野 慎一郎, 田中 貴之, 高槻 光寿, 西野 友哉, 江口 晋. 肝移植におけるエベロリムス使用意義 長崎大学の肝移植症例におけるエベロリムスの使用経験 導入前の腎機能評価の重要性. 移植. 2019. 54. 総会臨時. 177-177
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • 術中門脈圧は肝細胞癌に対する肝切除後の長期成績を反映するか?
    (JDDW 2010 2010)
  • 高度門脈腫瘍栓(Vp4)を伴った肝細胞癌に対する腫瘍栓摘出、肝切除の工夫
    (第26回長崎肝胆膵外科研究会 2010)
  • Detection of hepatocellular carcinoma in the explanted cirrhotic liver using Gd-EOB-MRI
    (第69回日本癌学会学術総会 2010)
  • 高齢者肝切除後の肝再生のマーカーにアルカリフォスファターゼ分画は有用か?
    (第32回九州肝臓外科研究会 2010)
  • 再発肝細胞癌に対する生体肝移植-移植摘出肝全肝検索からの考察とサルベージ肝移植の意義-
    (第65回日本消化器外科学会総会 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2007 長崎大学 医学研究科
  • 1994 - 1999 長崎大学 医学部
学位 (1件):
  • 医歯薬総合研究科 医療科学専攻 (長崎大学)
経歴 (3件):
  • 2019/01 - 現在 長崎大学大学院 移植・消化器外科 講師
  • 2013/04 - 2018/12 長崎大学大学院 移植・消化器外科 助教
  • 2011/04 - 2013/03 山口県立総合医療センター
受賞 (4件):
  • 2017 - JDDWポスター優秀演題賞
  • 2016 - 長崎肝癌研究会 矢野賞
  • 2012 - 長崎肝癌研究会 矢野賞
  • 2010 - 日本肝臓学会 研究奨励賞
所属学会 (13件):
日本移植学会 ,  日本癌学会 ,  日本肝がん分子標的治療研究会 ,  日本臨床外科学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本肝癌研究会 ,  日本肝移植研究会 ,  日本肝臓学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本肝胆膵外科学会 ,  日本消化器外科学会 ,  日本外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る