研究者
J-GLOBAL ID:201001039222668800   更新日: 2021年09月08日

宇和田 淳介

ウワダ ジュンスケ | Uwada Junsuke
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 薬理学
研究キーワード (2件): Gタンパク質共役型受容体 ,  タンパク質翻訳後修飾
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2010 - α1L型アドレナリン受容体形成の分子機構解明
  • 2010 - Molecular mechanism of a1L adrenoceptor formation
論文 (38件):
  • Junsuke Uwada, Shoichiro Mukai, Naoki Terada, Hitomi Nakazawa, Mohammad Sayful Islam, Takahiro Nagai, Masato Fujii, Koji Yamasaki, Takanobu Taniguchi, Toshiyuki Kamoto, et al. Pleiotropic effects of probenecid on three-dimensional cultures of prostate cancer cells. Life Sciences. 2021. 278
  • Takashi Yazawa, Takahiro Sato, Takahiro Nemoto, Sayaka Nagata, Yoshitaka Imamichi, Takeshi Kitano, Toshio Sekiguchi, Junsuke Uwada, Mohammad Sayful Islam, Daisuke Mikami, et al. 11-Ketotestosterone is a major androgen produced in porcine adrenal glands and testes. Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology. 2021. 210
  • Takashi Yazawa, Hiroyuki Inaba, Yoshitaka Imamichi, Toshio Sekiguchi, Junsuke Uwada, Mohammad Sayful Islam, Makoto Orisaka, Daisuke Mikami, Takanori Ida, Takahiro Sato, et al. Profiles of 5α-Reduced Androgens in Humans and Eels: 5α-Dihydrotestosterone and 11-Ketodihydrotestosterone Are Active Androgens Produced in Eel Gonads. Frontiers in Endocrinology. 2021. 12
  • Junsuke Uwada, Hitomi Nakazawa, Daisuke Mikami, Mohammad Sayful Islam, Ikunobu Muramatsu, Takanobu Taniguchi, Takashi Yazawa. PNU-120596, a positive allosteric modulator of α7 nicotinic acetylcholine receptor, directly inhibits p38 MAPK. Biochemical Pharmacology. 2020. 182
  • Daisuke Mikami, Mamiko Kobayashi, Junsuke Uwada, Takashi Yazawa, Kazuko Kamiyama, Kazuhisa Nishimori, Yudai Nishikawa, Sho Nishikawa, Seiji Yokoi, Hideki Kimura, et al. Short-chain fatty acid mitigates adenine-induced chronic kidney disease via FFA2 and FFA3 pathways. Biochimica et Biophysica Acta - Molecular and Cell Biology of Lipids. 2020. 1865. 6
もっと見る
MISC (7件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • ラット大脳皮質および海馬における細胞内ムスカリン受容体に対して拘束ストレスおよびコルチコステロン処理が与える影響
    (第84回日本薬理学会年会 2011)
  • 神経芽細胞腫N1E-115における細胞内局在性ムスカリンM1受容体の機能解析
    (第84回日本薬理学会年会 2011)
  • うさぎの心臓の組織片を用いた結合実験によるβ1L-アドレナリン受容体の評価
    (第84回日本薬理学会年会 2011)
  • 大脳皮質に特異的なムスカリン受容体の生体内表現型
    (第84回日本薬理学会年会 2010)
  • α1Lアドレナリン受容体安定発現株の樹立
    (第30回日本眼薬理学会 2010)
もっと見る
Works (4件):
  • 成育初期ストレスによる精神的発達障害のメカニズム-ムスカリン受容体の新しい機能, 基盤研究(C)(一般)
    2013 -
  • シナプス構成タンパク質のSUMO化ファルマコームの解明, 基盤研究(C)(一般)
    2011 -
  • 受容体作動性Caイオン流入機構の分子メカニズムと中枢神経伝達物質遊離機序, 基盤研究(B)(一般)
    2010 -
  • 脳スライスからの高感度神経伝達物質遊離測定法の開発と中枢神経薬理学への応用, 挑戦的萌芽研究
    2010 -
学歴 (3件):
  • - 2010 熊本大学 理学
  • - 2007 熊本大学 医科学
  • - 2004 宮崎大学 応用生物科学科
学位 (2件):
  • 理学博士 (熊本大学)
  • 医学修士 (熊本大学)
経歴 (4件):
  • 2021/09 - 現在 金沢医科大学 薬理学 講師
  • 2014/12 - 2021/08 旭川医科大学 生化学講座 助教
  • 2014/04 - 2014/12 神戸大学 バイオシグナル総合研究センター 研究員
  • 2010/04 - 2014/03 福井大学 医学部 薬理学 薬理学 助教
所属学会 (5件):
日本薬理学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本エピジェネティクス研究会 ,  SUMO研究会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る