研究者
J-GLOBAL ID:201001041677584081   更新日: 2021年01月04日

北澤 毅

キタザワ タケシ | Kitazawa Takeshi
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www2.rikkyo.ac.jp/web/s_socialization/
研究分野 (2件): 教育学 ,  社会学
研究キーワード (11件): 教育社会学 ,  社会問題 ,  質的研究 ,  言説分析 ,  社会化 ,  犯罪 ,  少年非行 ,  教育問題 ,  構築主義 ,  いじめ ,  学校的社会化
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2023 学校的社会化の理論的・経験的研究-「児童になる」論理と実践の教育社会学的探究
  • 2013 - 2018 学校的社会化の現代的課題に関する総合的研究:<子ども理解>の制度化に着目して
  • 2010 - 2012 学校的社会化の現状と歴史に関する研究:<児童の成立>の解明に向けて
  • 2007 - 2009 問題行動・指導・評価をめぐる歴史・社会学的研究:子どもへの<まなざし>に着目して
  • 「感情」の社会化に関する総合的研究
論文 (21件):
  • 北澤毅. 理論の応用可能性-一般化と相対化への着目. 日本教師教育学会年報. 2020. 29. 44-53
  • 北澤 毅. 「逸脱」と「社会化」をめぐる研究小史 : 構築主義と学校的社会化を中心に (北澤毅教授退職記念特集). 立教大学教育学科研究年報 = Rikkyo University Department of Education journal of Educational Research. 2019. 62. 9-22
  • 北澤 毅. 構築主義研究と教育社会学:「言説」と「現実」をめぐる攻防. 社会学評論. 2017. 68. 1. 38-54
  • 北澤 毅. 誰が「自殺練習」を見たのか? : 「大津いじめ自殺問題」解読のためのノート (総特集 いじめ : 学校・社会・日本). 現代思想. 2012. 40. 16. 135-141
  • 北澤 毅. 「教育と責任」の社会学序説:--「因果関係と責任」問題の考察--. 教育社会学研究. 2012. 90. 0. 5-23
もっと見る
書籍 (13件):
  • なぜ指導がうまくいかないのか
    学事出版 2019 ISBN:9784761925321
  • 教師のメソドロジー : 社会学的に教育実践を創るために
    北樹出版 2018 ISBN:9784779305795
  • 学問としての展開と課題
    岩波書店 2017 ISBN:9784000261340
  • 「いじめ自殺」の社会学 : 「いじめ問題」を脱構築する
    世界思想社 2015 ISBN:9784790716501
  • 文化としての涙 : 感情経験の社会学的探究
    勁草書房 2012 ISBN:9784326602483
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1978 東京大学
  • 筑波大学 教育社会学専攻
学位 (1件):
  • 教育学修士
経歴 (8件):
  • 2000/04/01 - 2019/03/31 立教大学 文学研究科 教育学専攻博士課程後期課程 教授
  • 2000/04/01 - 2019/03/31 立教大学 文学研究科 教育学専攻博士課程前期課程 教授
  • 2000/04/01 - 2019/03/31 立教大学 文学部 教育学科 教授
  • 1996/04/01 - 2000/03/31 立教大学 文学部 教育学科 助教授
  • 1990/04/01 - 1996/03/31 日本女子体育短期大学体育科 助教授
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る