研究者
J-GLOBAL ID:201001041741703405   更新日: 2021年09月16日

佐藤 裕公

サトウ ユウコウ | Satouh Yuhkoh
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/yuhkohsatouh/home
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  発生生物学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2025 動物の受精における精子-卵母細胞間の膜融合制御因子の探索と解析
  • 2019 - 2024 動物発生における細胞膜分解の分子機構とその生理機能
  • 2019 - 2022 哺乳類卵子活性化に伴う表在タンパク質動態のプロテオミクス解析
  • 2018 - 2019 新規非侵襲性イメージング法を用いた卵子染色体異常の診断・治療法の開発
  • 2017 - 2019 哺乳類の胚発生を司る新規卵活性化機構の解明
全件表示
論文 (32件):
  • Julio M. Castaneda, Keisuke Shimada, Yuhkoh Satouh, Zhifeng Yu, Masahito Ikawa, Martin M. Matzuk. FAM209 associates with DPY19L2 and is required for sperm acrosome biogenesis and fertility in mice. Journal of Cell Science. 2021
  • Akihito Morita, Yuhkoh Satouh, Hidetaka Kosako, Hisae Kobayashi, Akira Iwase, Ken Sato. Clathrin-mediated endocytosis is essential for the selective degradation of maternal membrane proteins and preimplantation development. Development. 2021. 148. 14
  • Naokazu Inoue, Yuhkoh Satouh, Ikuo Wada. IZUMO family member 3, IZUMO3, is involved in male fertility through the acrosome formation. Molecular Reproduction and Development. 2021
  • Rie Umeda, Yuhkoh Satouh, Mizuki Takemoto, Yoshiko Nakada-Nakura, Kehong Liu, Takeshi Yokoyama, Mikako Shirouzu, So Iwata, Norimichi Nomura, Ken Sato, et al. Structural insights into tetraspanin CD9 function. Nature Communications. 2020. 11. 1
  • Keita Sasaki, Kogiku Shiba, Akihiro Nakamura, Natsuko Kawano, Yuhkoh Satouh, Hiroshi Yamaguchi, Motohiro Morikawa, Daisuke Shibata, Ryuji Yanase, Kei Jokura, et al. Calaxin is required for cilia-driven determination of vertebrate laterality. Communications Biology. 2019. 2. 1
もっと見る
MISC (1件):
  • 佐藤 美由紀, 佐藤 裕公, 佐藤 健. 初期発生におけるリソソーム分解の生理機能と分子メカニズム (特集 マルチモードオートファジー : 広がり続ける自食作用の世界). 生化学. 2019. 91. 5. 643-651
書籍 (5件):
  • 生化学 特集:マルチモードオートファジー 広がり続ける自食作用の世界 ”初期発生におけるリソソーム分解の生理機能と分子メカニズム”
    日本生化学会 2019
  • 実践よくわかる臨床生殖免疫学入門 "受精と免疫"
    中外医学社 2018
  • 実験医学別冊 マウス表現型解析スタンダード "生殖不全の表現型解析"
    羊土社 2016
  • 細胞工学 受精メカニズム新論争 ドグマの再構築 "哺乳類受精のライブイメージング"
    秀潤社 2014
  • 顕微鏡活用なるほどQ&A
    羊土社 2008
講演・口頭発表等 (29件):
  • Low-invasive fluorescent imaging analysis to visualize mammalian reproductive events.
    (Seeing is Believing: Imaging the Molecular Processes of Life, EMBO-EMBL symposium 2021)
  • 哺乳類初期胚におけるアミノ酸トランスポーターGlyt1aの能動的分解機構の解明
    (第73回細胞生物学会 2021)
  • 精子-卵の融合に必須な卵細胞膜タンパク質の構造機能解析
    (第62回卵子学会 若手企画セミナー講演 2021)
  • 受精関連因子CD9の立体構造について
    (第7回生殖若手の会オンライン大会 2020)
  • 初期胚発生におけるリソソーム分解系を介した細胞膜成分リモデリング機構
    (第93回日本生化学会 シンポジウム"マクロを超えて 〜攻めるオートファジー〜" 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2005 - 2007 東北大学 生命機能科学(博士課程後期)
  • 2004 - 2007 東北大学 生命機能科学(博士課程前期)
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2018/10 - 現在 群馬大学 生体調節研究所 准教授
  • 2017/04 - 2018/09 大阪大学 微生物病研究所 講師
  • 2013/03 - 2017/03 大阪大学 微生物病研究所 助教
  • 2009/04 - 2013/02 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特任助教
  • 2007/04 - 2009/03 大阪大学 日本学術振興会特別研究員 (PD)
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/10 - 現在 北関東医学会 評議員
  • 2018/07 - 現在 日本実験動物学会 学会誌Exp. Anim. 編集委員
受賞 (12件):
  • 2018/05 - 日本卵子学会 学術奨励賞
  • 2018/01 - 大阪大学微生物病研究所 優秀学術賞
  • 2015/07 - 大阪大学 総長奨励賞
  • 2014/08 - 12th international Symposium on Spermatology ポスター賞(3位)
  • 2014/07 - 大阪大学 総長奨励賞
全件表示
所属学会 (7件):
日本細胞生物学会 ,  Society for the Study of Reproduction ,  日本受精着床学会 ,  日本卵子学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本動物学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る