研究者
J-GLOBAL ID:201001042007315760   更新日: 2020年04月12日

若松 隆宏

T WAKAMATSU
所属機関・部署:
職名: 講師
論文 (11件):
  • 高橋 悠, 四十万谷, 卓也, 松本 泰司, 若松 隆宏, 松本 隆之, 田橋 賢也, 是枝 ちづ, 関 壽人, 岡崎 和一. 胃全摘術後の食道静脈瘤に対して内視鏡的食道静脈瘤硬化療法を施行した1例. 日本門脈圧亢進症学会雑誌. 2017. 23. 4. 286-292
  • Omori T, Watanabe K, Ohmiya N, Hirai F, Nakamura M, Kagaya T, OkaS, Ozeki K, Kawano S, Ninomiya K, Nakaji K, Iimuro M, Handa O, Tokuhara D, Sagawa T, Wakamatsu T, Kato S, Araki A, Koike Y, Hashimoto S, Mannami T, Higaki S, Hayashida M, Sameshima Y, Hasegawa D, Tokushige K, Matsui T. A Nationwide Multicenter Study on Adverse Events Associated With a Patency Capsule: Additional Survey for the Japanese Association for Capsule Endoscopy-Oriented Appropriate Use Survey for Patency Capsule (J-Pop) Study. Gastrointestinal endoscopy. 2017. 85. 5. AB294
  • Nakamura M, Watanabe K, Ohmiya N, Hirai F, Omori T, Tokuhara D, Nakaji K, Nouda S, Washio E, Sameshima Y, Mannami T, Maeda K, Ninomiya K, Wakamatsu T, Araki A, Ishii M, Higaki S, Abe T, Handa O, Kawano S, Iwamoto M, Kato S, Kagaya T, Goto H, Matsui T. Prospective, Multicenter Study for Evaluation of the Clinical Efficacy and Safety of Pillcam Patency Capsule in 1,096 Cases With Suspected Small Bowel Stenosis. Gastrointestinal endoscopy. 2017. 85. 5. AB53
  • Hosoe N, Watanabe K, Miyazaki T, Shimatani M, Wakamatsu T, Okazaki K, Esaki M, Matsumoto T, Abe T, Kanai T, Ohtsuka K, Watanabe M, Ikeda K, Tajiri H, Ohmiya N, Nakamura M, Goto H, Tsujikawa T, Ogata H. Evaluation of performance of the Omni mode for detecting video capsule endoscopy images: A multicenter randomized controlled trial. Endoscopy international open. 2016. 4. 8. E878-E882
  • 若松隆宏, 島谷昌明, 安藤祐吾, 深田憲将, 三好秀明, 福井寿朗, 松下光伸, 岡崎和一. 原因不明消化管出血の病態別にみたカプセル内視鏡診断を通じたアルゴリズム. 消化器内科. 2013. 56. 5. 465-471
もっと見る
講演・口頭発表等 (88件):
  • 診断に難渋した小腸濾胞性リンパ腫の一例
    (第14回 日本消化管学会総会学術集会 2018)
  • 長期予後からみた孤立性胃静脈瘤に対する予防的B-RTOの位置づけ
    (第42回日本肝臓学会西部会 2017)
  • アルコール性肝硬変の加療中に腸間膜血種穿破による腹腔内出血を合併した門脈圧亢進症性腸症の1例
    (第42回日本肝臓学会西部会 2017)
  • 免疫抑制剤内服中の自己免疫性肝炎による肝硬変患者に発症したEdwardsiella tarda腸炎の1例
    (第42回日本肝臓学会西部会 2017)
  • 小腸イレウスを契機に診断に至った 濾胞性リンパ腫の一例
    (日本消化管内視鏡学会近畿支部 第99回例会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2001 - 2005 関西医科大学 大学院(博士課程)
  • 1991 - 1997 関西医科大学 医学部 医学科
委員歴 (3件):
  • 日本内科学会 近畿支部評議員
  • 日本消化器病学会 近畿支部評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 学術評議員、近畿支部評議員
所属学会 (9件):
日本門脈圧亢進症学会 ,  日本内科学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化管学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本ヘリコバクター学会 ,  日本カプセル内視鏡学会 ,  日本がん治療認定医機構
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る